スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西目 直生(前橋3年)投手

Category : 選手レポート
西目 直生(群馬・前橋3年)投手 175/70 右/右





                        「その成長が気になる」





昨夏の群馬大会での投球が気になったものの、最終学年でのプレーを確認出来なかった 西目 直生 。夏前の展望でも、各雑誌からその名前が上がる存在になっていた。最終学年では、MAX142キロまで到達していたという。そこで今回は、2年生時の投球を元にして、レポートを作成してみたい。

(投球内容)

足をゆったりと引き上げて、サイドに近いスリークオーターから投げ込んできます。

ストレート 135~140キロぐらい?

昨夏の前橋育英戦の模様を見るかぎり、球速はコンスタントに135~140キロはすでに出ていたように見えます。ズシッとした球威と勢いもあり、それでいて手元でもキレているという実戦的な球質。左打者には多少バラつくものの、右打者には内外角に上手く投げ分けていました。

変化球 スライダー・チェンジアップ

変化球は、スライダーとチェンジアップを織り交ぜてきます。チェンジアップもタイミングを狂わせるというよりは、高速で沈む縦スラとかフォーク系の球に近い感じ。

その他

牽制は執拗に多く入れる選手で、走者に神経質なぐらい刺しにゆきます。クィックも1.0秒台前半と素早く、野球センス・運動神経には優れた選手ではないのでしょうか。

(投球のまとめ)

ポンポンとテンポよく、ストライクゾーンに投げ込んで来るリズム感が売り。勢いづくと攻略が難しいタイプでしょうが、逆に一辺倒になりやすいきらいもあります。細かいコントロールはなくても、ストライク先行で有利な状況を作ります。

2年夏の時点でかなりの球を投げていたのですが、それほど全国的な評判にまでならなかったところを見ると、こちらの期待ほどは伸びなかったのかなと心配はあります。しかし元々ドラフト候補というよりも、有力大学などに進んでゆくタイプの好投手でした。

(投球フォーム)

<広がる可能性> ☆☆

サイドハンドのような感じのフォームなので、お尻は一塁側に落とせません。したがってカーブで緩急を利かしたり、フォークのような縦の変化球には適しません。

「着地」までの粘りもそれほどではないので、体を充分捻り出すほどの時間は確保できません。そういった意味では、変化球のキレ・曲がり共に中途半端になりがちに。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブを内に抱えられず遊んでしまっているので、外に逃げようとする遠心力を押さえ込めず、ボールが暴れがち。足の甲で地面は捉えており、ボールは高めに抜けません。「球持ち」は平均的で、指先の感覚は並。極端な制球難ではないのですが、おおよそ枠の中に集めるといったタイプなのでしょう。それでも右打者に対しては、ボールを上手く散らせています。

<故障のリスク> ☆☆☆☆

お尻を落とせないフォームではありますが、カーブやフォークといった体を捻り出して投げるボールを投げず、肘への負担は少ないはず。腕の送り出しにも無理はなく、肩への負担も少なそう。そういった意味では、故障の可能性は低いはず。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りはそれほどでもなく、体の「開き」も少し早いように見えます。特に左打者に対しては、ボールが見やすいだけでなく、コントロールも甘い球が少なくありません。

腕は強く振れて身体に絡んで来るように、速球と変化球の見極めは困難。しかしフォームの構造上、ボールにグッと体重を乗せるというタイプではなく、強い上半身と腕の振りでキレを生み出すタイプではないのでしょうか。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、いずれも平均からやや劣る感じで、ボールの割にフォームが実戦的ではないところが気になります。そういった意味では、上のレベルでは伸び悩む危険性も感じます。

グラブを抱えられないことでの制球のアバウトさは気になりますが、故障のリスクは低そう。今後も、鍛えがいのある素材ではないのでしょうか。

(最後に)

文武両道の学校みたいなので、国立大などでの活躍を見てみたい選手ですね。筑波あたりに進んでくれないかと勝手に思ったりもするのですが、順調さを欠いていなければ、大学でも頭角を現して来るのではないのでしょうか。

今後も、進路含めて注目してみたい選手。もっと、話題になっても良い投手だったのではないのでしょうか。最終学年での成長ぶり、ぜひ確認してみたかった一人です。

(2013年夏 群馬大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

田川 佳弥(福井工大福井・3年)投手

Category : 選手レポート
田川 佳弥(福井工大福井・3年)投手 177/77 右/左



(第一印象)

春の北信越大会・緒戦の高岡商業戦では、135~後半ぐらいの適度にまとまった好投手ぐらいのイメージでした。しかし翌日の富山商業戦では、140キロ台の球速も記録。ボールの勢いが、緒戦とは一味違うものがありました。

(投球内容)

2014年度の福井を代表する好投手の一人で、中背の体格から理にかなったフォームから投げ込んで来きます。

ストレートの球速は、135~MAXで140キロを記録してきます。特にスライダーとのコンビネーションが持ち味で、全身を使って投げ込む力投派。テンポが出てくると、ポンポンと勢いのある球を投げ込んでくるリズム感が身上。

<長所>

お尻を一塁側に落とせるので、将来的にはカーブで緩急を効かしたり、フォークのような縦の変化球も覚えて投球の幅を広げて行くことが期待できます。

体の開きを抑えることができ、着地のタイミングも遅いので、打者としては合わせ難いはず。

腕も強く振れており、速球と変化球の見極めも困難。ボールにも適度に体重が乗せられており、投げ終わったあとも地面を強く蹴り上げられています。

<課題>

特にフォームを見る感じ、大きな欠点は見当たりません。このまま素直にパワーアップしてバランスを維持できれば、今後も更なる活躍が期待できるのではないのでしょうか。あとは、自分の武器になる空振りを誘える球を身につけたいところ。

(最後に)

今後、大学などで野球を続けて活躍できる素材だと思います。まだまだ絶対的なものはありませんが、土台になるフォームが好いので楽しみ。ぜひ、全国の舞台に立って欲しい一人です。

(2014年 春季北信越大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

大谷 司(龍谷大平安・3年)右翼手

Category : 選手レポート
大谷 司(龍谷大平安・3年)右翼 188/80 右/左

(どんな選手?)

新チーム結成直後は4番を任されるなど期待された選手ですが、その期待に中々応えることができず今の2番打者に落ち着いたとのこと。二番打者らしからぬ巨体とチーム屈指の長打力を誇る、異色の2番打者。



(守備・走塁面)

一塁までの塁間を4.5秒ぐらいと、大型故に加速が遅いタイプ。それでも三塁打では、12秒を切るような脚力なので足が遅いわけではない。しかし新チーム結成以来の36試合で盗塁0個と、盗塁で揺さぶるようなプレースタイルではありません。

右翼手としても可も不可もなしといった感じで、守備範囲の広さや反応良さは感じませんが、大きなミスは少ないのではないのでしょうか。また肩も基準以上で、まずまずものがあります。上のレベルでも、レフトあたりならば無難にこなしそう。

走力自体遅くはないと思いますが、加速が遅く実戦向きではないのでは。守備も下手ではなく、地肩も悪くありません。けしてアピールできる能力はありませんが、足を引っ張ることはないと評価できます。

(打撃内容)

打球の多くが、一二塁間・ライト方向への引っ張りが多いのが特徴。ツボにハマればスタンドインの長打力はありますが、それほど打球が上がるタイプでもなさそう。パワーはありますが、ホームラン連発というスラッガーではないはず。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えた強打者スタイル。腰の座り、全体のバランス、両目で前を見据える姿勢なども平均的。

<仕掛け> 遅すぎ

投手の重心が下がりきったところで、足をベース側に移しつま先立ちします。そこから本格的に動き出すのは、投手がリリースを迎えるあたり。これは「遅すぎる仕掛け」であり、一定レベルの球速・キレのある球に対しては立ち遅れてしまいます。

<足の運び> ☆☆

始動~着地までの「間」がないので、線よりも点で捉えるスイング。そのため予め狙い球を絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。そのためスピードの変化には弱く、緩急に脆い特徴があります。

ベース側にインステップして踏み込んで来るように、外角を強く意識しています。しかし踏み込んだ足元がすぐに地面に離れる、引っ張る打撃を好みます。外角の球を振りにゆく割に、引っ張り込める球は外角でもそれほど厳しくない外角よりの球まで。内角の捌きも窮屈になることを考えると、打てるコースもかなり限られているのではないのでしょうか。

緩急への脆さ・コースも限られているとなると、よほどボールの見極め、苦手のコースの球のカット、打てるゾーンを打ち損じない一発で仕留める「鋭さ」がないと、この打撃は成立しません。この選手が期待されながら、なかなか結果を残せなかったという話も、なるほど頷けます。

<リストワーク> ☆☆☆☆

始動が遅すぎる欠点を、あらかじめトップの位置にグリップを添えることで、補おうとします。またバットの振り出しも、上からミートポイントまでインサイド・アウトの最短距離での振りぬきを実現し、ロスの極めて少ないスイング。しかしこれは、アベレージ打者としては好いですが、強打者としては反発力の少ないスイングになり、打球がよほど彼のツボに入って巻き込まない限りホームランには結びつかないわけです。

体の強さ・天性のパワーはあるものの、思ったほどホームランが出来にくいのは、確実性が低いことと、この無駄を廃したアベレージ打者のようなスイング軌道に原因があるということになります。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが極めて小さいので、目線は大きくは動きません。体の開きは充分に我慢できないので、レフト方向への流し打ちは期待できません。それでも軸足は地面から真っ直ぐ伸びており、綺麗な軸回転でスイング出来ています。

(打撃のまとめ)

緩急への脆さ、捌けるコースが限られているために、どうしても独特jの脆さがあります。しかし無駄を徹底的に廃したスイング、軸の安定などの高度な技術もあり、打てる球は限られても、そこを打ち損じないスイングは出来ています。

今後始動を早めたり、ステップを真っ直ぐ踏み出したり、足元が踏ん張れるようにしてレフト方向への意識も身につければ捌ける球も広がるはず。根本的なボールを捉える感覚の良さは、ドラフト候補として注目される 徳本 健太朗 以上の資質はあると評価します。

(最後に)

ただし徳本のように足や守備でアピールできるタイプではなく、打撃での潜在能力は上をいっても、ドラフト候補として考えられるのは、徳本 の方が高いことは否定できません。

多くの課題を抱えていることもあり、この大谷が本当の意味で素質が開花するのは、まだまだ先のことになるでしょう。自分の可能性を信じて、今後もいかに邁進して行けるのか。少し長い目で、見守ってみたい選手ではないのでしょうか。最後の夏に、どんな役割を果たすのか注視して見守りたいと思います。

(2014年 選抜大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

松山 大志(習志野・3年)一塁&投手

Category : 選手レポート
松山 大志(習志野・3年)一塁&投手 182/83 右/右 (帝京大進学予定)





                       「打撃は千葉じゃ抜けていた」





2014年度の千葉の球児の中でも、最も注目を集めたのは、この 松山 大志 ではないのだろうか。本人も一年でも早くプロ入りしたいという願望があったようだが、ドラフトでは指名されることはなく、帝京大にこの春から進学するという。大学の入学を前に、高校の間に一度レポートしっかり作成したいと思わせる選手だった。

(守備・走塁面)

投手としては、常時135キロ前後の球速だと思うので、地肩はそれなりに強いのは間違いないでしょう。一塁としては、ボール捌きはそれほどではありません。しかし気合の入ったプレーで素早くベースに入り、けして動きの悪い選手ではありませんでした。

一塁までの塁間は、早い時で4.45秒を切ってくるので、左打者に換算すれば4.2秒弱。けして足でアピールするプレースタイルではありませんが、動けない選手ではありません。将来的には、三塁もしくは外野まで守れるようだと、守備での付加価値もついてきそう。

守備・走塁でのアピールが低く、打撃ではアピール出来ても指名までには至りませんでした。

(打撃内容)

圧倒的に三遊間・レフト方向に引っ張る打球が目立ちます。そして、打球の速さは際立っていました。しかしながら、それほど打球が上がるタイプではなく、たまにツボにハマれば大きいのも出ますが、中距離・ポイントゲッタータイプの打者ではないのでしょうか。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで両足を揃え、グリップの高さは平均的。腰の据わり・全体のバランスとしては並ですが、両目で前を見据える姿勢は悪くありません。構えとしては、可も不可もなしといった感じでしょうか。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

投手の重心が下がりきったあたりで始動する、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者・ポイントゲッターが多く採用するスタイル。まさにそれは、彼のプレースタイルに合致しているのではないのでしょうか。

<足の運び> ☆☆☆

足を引き上げて回しこむ「間」はある程度取れているので、速球でも変化球でもそれなりに対応。少しベース側にインステップして踏み込むので、やや外角よりの球を意識したスタイル。踏み込んだ足元は、カカトのみを地面を捉えて引っ張りやすくしています。基本的にセンターから右という意識には乏しく、引っ張り込めるどうかというスイングです。そのためコースに関しては、打てる球は限られているように思います。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を早めに作り、速いボールには立ち遅れません。バットの振り出しもよく、けしてミートポイントまでは遠回りしません。ボールを捉えてからも、バットの先端であるヘッドが下がらないようにしつつ、きっちり最後まで振り切ります。強打者でありながら、スイング軌道が良いのと、打球の速さは際立っています。

<軸> ☆☆☆

ボールを適度に自分から追ってしまう部分もあり、頭の動きは平均的。体の開きもカカトを地面にめり込ませることで、ロスを最低限に留めます。軸足は地面から真っ直ぐ力強く伸びており、特に問題は感じません。

(打撃のまとめ)

引っ張り中心のスイングなので、今後センターから右方向への意識も持てるようになると、率はもっと上がるのではないのでしょうか。特にボール捉えるまでのスイングには問題がないですし、ヘッドスピードの速さは超高校級。甘い球を逃さず叩く「鋭さ」は持ち合わせています。

(最後に)

一塁限定の守備の割に、ボールが思ったほど上がらないところが気になります。肩・走力の身体能力は低くないので、今後いかに他のポジションも担って行けるかでしょう。

打撃も右方向への幅を持たせつつ、引っ張り込める球はもっとボールに角度をつけたいところ。それでも大学に進む野手としてはA級の素材だけに、今後の活躍が注目されます。4年間、その成長を見守ってみたいと思わせる強打者でした。

(2013年夏・千葉大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

山田 雄太(東海大望洋・3年)投手 

Category : 選手レポート
山田 雄太(東海大望洋・3年)投手 176/70 右/右 (かずさマジック入社予定)





                         「もう一皮むければ」





今年の千葉大会でも注目された選手で、オーソドックスなフォームからMAX145キロを記録する速球派。まだプロ云々には物足りないものがあったが、今後社会人に進むということで、もう一皮むければ面白い存在になりえるのではないのだろうか。

(投球内容)

ストレート 常時135~MAX140キロぐらい

驚くようなボールの勢いや球威はないが、両サイドに安定して投げ分けるコントロールがあります。そのため空振りを誘うというよりも、打たせて取る淡々としたイメージが残ります。両コーナーへの制球だけでなく、結構ストレートが低めに集まるところは好感。

変化球は カーブ・スライダーなど

小さく横滑りするスライダーを、ストライクゾーンから微妙にボールゾーンに流して振らせるのが、この投手の持ち味。そのほかに緩いカーブを織り交ぜて、緩急をつけるオーソドックスな配球。現状縦の変化などはないが、変化球の活かし方としては悪くない。

その他

クィックは、1.05~1.20秒ぐらいと基準レベルあり、牽制も実際には一塁に送球しなくても、動作自体は鋭いものが感じられた。特に投球以外の部分にも破綻はなさそうで、野球センス・運動神経も良い部類ではないのだろうか。

(投球のまとめ)

まだ投球の基本的な部分でしか勝負していないが、その土台となるものはしっかりしている。決め手となる変化球の修得や球威・球速の部分では発展途上なものの、土台がしっかりしているので成長は楽しみ。

投手としてのセンスも悪くなく、リリーフで押す投球よりも、先発で持ち味を発揮する方がいいかもしれない。社会人レベルで即通用するとは思えないが、数年先にはチームの主戦への成長を期待したい。

(投球フォーム)

ランナーがいなくても、ゆっくりとセットポジションから足を引き上げてきます。

<広がる可能性> ☆☆

引き上げた足は地面に向き気味で、それほどお尻は一塁側に落ちません。そういった意味では、見極めの難しいカーブの修得やフォークのような球種を身につけられるかは微妙。また「着地」までの粘りもイマイチで、今後の投球の幅を広げて行けるか、武器になるほどの変化球を身につけられるのかには不安が残る。

<ボールの支配> ☆☆☆

最後までグラブに内に抱えられているので、両サイドの投げ分けは安定。足の甲の地面への押し付けが浅く、ボールがあまり低めに押し込めません。しかし実際には結構低めにボールが来ているのは、制球を重視してかなり力をセーブしていからかもしれません。そうしなくても低めにボールが投げられるように、足の甲での深い押し付けや、「球持ち」をよくして、低めに投げられるようにしたい。

<故障の可能性> ☆☆

お尻が落とせない割に、カーブを結構投げるので肘への負担は気になります。振り下ろす腕の角度にも少し無理があり、肘が低い位置から急に角度をつけて投げようと引き上げるので、ボールを押し出すような送り出しになって肩に負担がかかっています。テイクバックした時に、前の肩と後ろの肩を結ぶラインよりも、肘が下がらないように注意したい。

<実戦的な術> ☆☆

「着地」までの粘りに乏しく、打者としては合わせやすいフォーム。その上前の肩と後ろの肩を結ぶラインが、打者に真っ直ぐ伸びて直線的なフォームであり、打者からは「開き」が早くなってボールが見やすい。

振り下ろした腕も、あまり強く身体に絡んで来ない。速球と変化球の見極めを難しくするためには、腕や上体をの振りをもっと鋭くしたい。ボールへの体重の乗せも不十分であり、まだまだ下半身の使い方も発展途上な印象を受ける。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」のいずれにも課題を残し、まだまだ実戦的なフォームだとは言えません。

足の甲の押し付けが甘く力をセーブしないと低めに投げられないので、どうしても腕が強く振れていません。肩や肘に負担のかかるフォームでもあり、フォームの上からは伸び悩む要素は少なくありません。

(最後に)

投球を見るかぎりは、投球の基礎が出来ており、あとは素直に肉付けして技量を高めれば将来面白い素材であるように思いました。しかしフォームなどを分析すると、課題も多く伸び悩む要素も少なくありませんでした。そういった課題と向き合い、少しずつ自分の欠点を改善しながら、パワーアップを図っていって欲しいと思います。今後も気に留めながら、その成長を見守って行きたいと思います。

(2013年夏・千葉大会)


テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。