スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東 京佑(三重・近大高専 旧3年)投手

Category : 選手レポート
東 京佑(三重・近大高専 旧3年)投手 右/右

それほど身体は大きくないのですが、MAX144キロと言われるストレートを投げ込む速球派。チームメイトの山崎 正衛(旧3年)右腕が、プロ注目の存在だったので、陰に隠れる存在でした。実際試合を見るかぎりは、常時130~135キロぐらいのストレートを中心に、カーブ・スライダーなどを織りまぜてくるオーソドックスな投手でした。

(第一印象)

速球派らしく、打者の手元まで勢いのあるボールが投げられます。確かにボールに勢いがあるのですが、あまり空振りは誘えていないのが気になりました。

(長所)

お尻を一塁側に落とせますし、着地までの粘りも悪く有りません。そのため腕の振りの緩まないカーブや縦の変化も投げられる下地があるのですが、実際には速球中心の投球をしてきます。将来的には、もっといろいろな変化球を身につけられる下地はあります。

グラブを内に最後まで抱えられ、足の甲で地面を押し付けらています。両サイドには投げ分けられますが、思いの外ボールが高めに抜けることが多いです。これは、膝小僧が着くほど重心が沈んでしまい、エッジが活かせず深く重心が沈んで効果がありません。またここまで重心が沈み過ぎてしまうと、スムーズな「体重移動」にも影響を及ぼしてしまいます。

(課題)

お尻は落とせますので、身体を捻り出すスペースは確保できています。しかし腕の角度をつけているので、肩への負担は少なくありません。故障には充分注意して、取り組んで欲しいと思います。

「球持ち」が浅いのか、振りおろした腕が身体に絡んできません。そのため速球と変化球との見分けはつきやすく、指先の感覚もよくないので、細かいコントロールはつかないのでしょう。

(今後は)

今後の進路は存じませんし、大学などで野球を続けるのかも定かではありません。ただボールに勢いがあるのは確かなので、それを活かすだけの制球力・投球術・変化球にも磨きをかけたいですね。ぜひ近い将来、地方大学の逸材として、頭角を現さないか期待したいして、その時が来るのを待ちたいと思います。

(2011年夏 三重大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。