スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部 直人(三重・いなべ学園 旧3年)投手

Category : 選手レポート
岡部 直人(三重・いなべ学園 旧3年)投手 170/68 左/左

小柄ながら、投げてはスリークオーターから140キロ近い球速のストレートとスライダーとのコンビネーションが冴え、打ってはミート力の高い強打で、攻守に非凡な才能を持った選手です。

(第一印象)

下級生の頃から主戦として活躍し、そのマウンド捌きは実に堂々としています。身体もがっちりしてきて、球筋も安定してきました。投球以外にも優れ、非常に野球センスの高い選手だと言えるのでしょう。

(長所)

打者の外角中心に、しっかりボールを集めて投球を組み立ててきます。内角も突けますし、ボールになるスライダーを振らせる技術もあります。その投球は、安心して観ていられます。

グラブは最後まで内に抱えられ、足の甲でも深く地面を押しつけることができています。そのため両サイドの投げ分けも安定し、ボールが上吊るのも防ぎます。速球派でありながら、球筋が安定しているのが特徴。ただ球離れは早いので、決め細やかな制球力があるといったほどではありません。おおよそ、狙ったところにボールが集められるといったタイプです。

ボールに上手く体重を乗せられるために、手元までボールの勢いが落ちません。その球速以上にボールが来ている感じがするのが、この選手の魅力ではないのでしょうか。

(課題)

「着地」までの粘りは平均的で、身体の「開き」も平凡です。そのため、それほど打者からはタイミングが合わせにくいフォームではありません。高めに甘く入った球を、打たれるケースが目立ちます。特に、勢いのないスライダーが高めに入った時は要注意。

腕が身体に巻き付くような粘っこさがないので、投球が淡泊で一辺倒になりやすい恐れがあります。そのため投げ急がずに、悪い時ほど「間」を意識して身体の突っ込みに注意したいところ。

(今後は)

今後の進路は存じませんが、強豪大学でも、企業チームでもやって行けるだけの力があると思います。更にこの先の世界で更なる進化を遂げれば、いずれはプロという領域が見えて来るかもしれません。ぜひ今後も、その成り行きを見守って行きたい逸材でした。

(2011年夏 和歌山大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。