FC2ブログ

花嶋 修平(静岡・磐田東 旧3年)遊撃手

Category : 選手レポート
花嶋 修平(静岡・磐田東 旧3年)遊撃 175/70 右/右

軽快な守備と、腕っぷしの強さで引っ張った打撃が持ち味で、攻守に好い言葉で言えば華があり、少し悪く言えば派手なプレーヤーだと言えるでしょう。いずれにしても2011年度において、静岡のみならず、東海地区を代表する野手でした。

(第一印象)

攻守に派手な魅せるプレーをする一方で、少し雑かなと思える部分がありました。スローイングの形も最後までしっかり投げられていないので、少しでも難しい体勢から投げたら、制球が不安定になるだろうなという印象を受けます。

(長所)

遊撃手として一番大事な軽快さ、スピード感があります。攻守に粗さがあるのは、鍛えればある程度改善できますが、このスピード感や軽快さは中々あとから身につくものではありません。

強打者らしくベース側にインステップした足元はブレませんし、早めにトップを作りつつ、バットの先端が下がらずに引っ張ったくようなスイングで、ボールはスタンドインします。けして長距離砲というタイプには見えませんが、始動も「遅めの仕掛け」を採用し、ボールを引きつけて遠くに飛ばします。

(課題)

両目で前を見据えるというよりは、肩口から睨むように見据えるので、両目でボールを追えていません。また構えた時に肩に力が入りすぎていて、リラックスできていません。そのため打撃は、固く感じられ、実際少し脆い部分があるのではないのでしょうか。

(最後に)

走力の方は正確なタイムは計測できませんでしたが、セーフティバントを成功させたり、普段のプレーにもスピード感があり、それなりに速いのではないかと思います。

卒業後はJR東海に進むそうで、3年の間に、足元を見据え「確実性」という言葉を常に意識して、精度を高めて行ければ、三拍子揃った内野手としてプロをも意識できるかもしれません。志しを高く持って、野球に真摯に取り組んで欲しいと思います。2011年度の遊撃手の中では、全国的にも見ても上位クラスの選手だったと評価します。

(2011年夏 静岡大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント