スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田 孝太(愛知・豊川3年)右翼手

Category : 選手レポート
原田 孝太(愛知・豊川3年)右翼手 172/73 右/右

荒削りだけど破壊力抜群の4番・松岡 大輝の後を、とりこぼしなく確実に得点に結びつけるのが、この5番・原田 孝太 の役割。一見華奢で弱々しいスイングなのだが、ボールに合わせる技術に優れている。

(第一印象)

ボールに合わせるタイミングの上手さはあるのですが、踏み込んだ足下が早く地面から離れるので、打球はセンターからレフト方向へ引っ張る打球が多い。それでもシッカリ振り切るので、詰まっても外野手の前に落ちたりとしぶとさを魅せる。

(長所)

ハッキリした走力はわからなかったのですが、右翼手としての動きは基準レベル以上ですし、肩も中の上レベルはあり、中々強いです。元々内野手だったようなので、もっと経験を積めば好い外野手に育つのではないのでしょうか。

始動~着地までの「間」があり、いろいろな球にタイミングが合わせられます。真っ直ぐ踏み出すので、内角でも外角でも対応しやすい万能型。幅広く対応できるのが彼の持ち味ですから、これで右方向への打球も増えてくると、なお好いと思います。

(課題)

ボールを捉える時に、バットの先端が下がっているので、これをもう少し立てるようにスイングできると、スイング軌道の無駄もなくなり、確実性は増しそう。またスイング自体に、もう少し力感というか「強さ」「鋭さ」を身につけたいですね。

(今後は)

守備は安定していますし、打撃もボールを捉えるセンスに優れます。あとは、上のレベルに通用するだけのスイングを身につけられれば、大学での活躍も期待できます。ただ長打力を売りにする選手ではないので、かなりの対応力を示さないと、パンチ不足だと評価される可能性もあります。その辺も含めて、自分の色を明確に出して行くことを期待します。

(2011年夏 愛知大会)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。