FC2ブログ

市川 豪(高知高 1年)投手

Category : 選手レポート
市川 豪(高知 1年)投手 178/78 右/右

均整の取れた体格から、すでにMAX141キロのストレートを投げ込むと話題の本格派。私が観た小松(愛媛)戦では、制球を重視し130~後半ぐらいに見えたが、2年後のドラフト候補の片鱗を垣間見せた。

(第一印象)

静かにゆったり投げ込んで来る投球フォームに、深い奥行きが感じられた。ただその一方で、まだまだ素材型の域は脱しておらず、順調に育つのかどうか微妙な素材かなという不安もよぎった。

(長所)

軽く投げていても、ズシリと思い球がキャッチャーミットに突き刺さる。まだボールがシュート回転するのだが、この球が右打者の内角に食い込み、打球を完全に詰まらされる。

変化球は、時々腕が緩むのが気になるものの、カーブでしっかりカウントを取って来る。また時々フォークのような落ちる球も投げ込むが、まだまだ曲がりが早く有効ではない。

(課題)

指先の感覚が悪く、思いどおりボールをコントロールできていない。将来的にも、大雑把な制球の投手になるのではないのだろうか。

お尻が一塁側に落とせず、更に着地までの粘りがない。その上テイクバックした際に肘が下がり、そこからボールを押し出すようにして、角度をつけて投げ込んでくる。肘・肩に負担がかかるフォームだけに、体の手入れには充分注意して欲しい。

「着地」までの粘りがないので、自然と体の「開き」も早くなって、ボールが見やすく打ちやすい。どうしても投球が、淡白な印象を受ける。

(将来に向けて)

将来的には、140キロ台連発~後半ぐらいまでにはなれる可能性を秘めるが、その前に制球力の問題・変化球・実戦的なフォームなど、様々な問題が立ちはだかる。それらを気にするがあまり、今後意外に球速が伸びないで終わる可能性も。

球威・球速など、長所を伸ばす形で育成してゆくのか、実戦力を重視したスタイルを目指すのか。それとも、その両方を伸ばすことも可能なのか。非常に難しい指導が、求められることになりそうだ。

それでも最終学年では、ドラフト候補と呼ばれる可能性が高く、器は確かなものがあるのは間違いない。果たしてどんな風に育ってゆくのか、これからも大いに注目して見守って行きたい。

(2011年 秋季中国大会)
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント