FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山 純平(東大阪大柏原2年)投手

Category : 選手レポート
福山 純平(東大阪大柏原2年)投手 175/70 右/右

2年生ながらエースとして、激戦の大阪大会を勝ち抜き、甲子園でも存在感を示しました。オーソドックスなフォームから、135~140キロ前半(MAX144キロ)のストレートに、カーブ・スライダー・チェンジアップ・ツーシームなど、多彩な変化球を織り交ぜ投球を組み立ててきます。

(第一印象)

さすが大阪を勝ち抜いてきた投手だけに、非常に洗練されていると思いました。両サイドに投げ分けられる制球力がありますし、ボールになるスライダーを振らせたり、フィールディングや 1.1~1.2秒台のクィックに至るまで、細かい部分にまで基礎技術を身につけた投手だと言えるでしょう。

(長所)

好投手という綺麗に収まるだけでなく、内角を厳しく突いたり、力で抑えこむこともあり、一定のスピード能力と攻めの厳しさを兼ね備えます。

お尻の落としは少し甘いものの、腕の振り下ろしにも無理がなく、フォームに負担のかかる部分が少ないです。そのため、故障の可能性の低いフォームだと考えられます。

グラブも体の近くに抱えられていますし、ボールも前で放すなど指先の感覚も悪く有りません。将来的にも、高い制球力を武器にできるのではないのでしょうか。

(課題)

ボールに凄みがないのは、体格の無さだけでなく、ボールに上手く体重が乗せられていないからでしょう。そのため手元まで、グッと球威のある球が投げられません。またボールが、中に中に入ってくるのが気になりました。

すべてが上手くまとめられているように、総合力は感じます。しかし、図抜けた武器が無いように思えます。何か売りになる球種とか、特徴などを見出せるといいですね。

(今後は)

すでに、高校生としては全国レベルの好投手。その一方で、何か売りになる球やフォーム・特徴みたいなものがないので、ドラフト候補としての凄みに欠けます。この一冬越えた成長にもよりますが、現状は強豪大学や名門社会人チームに進むタイプの好投手ではないかと思います。今後の、劇的な変化を期待します。

(2011年夏 大阪大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。