FC2ブログ

涌本 亮太(埼玉・浦和学院1年)投手

Category : 選手レポート
涌本 亮太(埼玉・浦和学院1年)投手 175/72 右/右

背番号18を付けながら、神宮大会では先発のマウンドに上がりました。130~135キロぐらいの速球に、縦に割れるカーブで緩急をつけながら、縦に落ちるフォークボールを武器にしている正統派。

(第一印象)

まだ線が細く、ボールにボリューム感がありません。しかし投手としてまとまっており、ある程度形が出来上がっている投手との印象があります。フォームやボールに凄みはありませんが、牽制・フィールディングの動きも鋭く、クィックも1.15~1.2秒前後と基準レベルで、投球をまとめることもできセンスの良さを感じます。

(長所)

お尻を一塁側に落とせるフォームなので、カーブでしっかり緩急をつけて、縦に落ちる変化にも無理がありません。今こういった投球ができる投手は、なかなか貴重です。

グラブを最後まで内に抱えられ、両サイドにボールを散らせます。足の甲での地面の押し付けもでき、ボールも結構低めに集まります。更に「球持ち」も前で放せており、将来的にも高い制球力が期待できます。

振り下ろした腕がしっかり体に絡み、ボールにも体重が乗せられており、「体重移動」もいいです。投球フォームの形としては、素晴らしいものがあります。

(課題)

しいてフォームの欠点をあげるとすれば、「着地」までの粘りがイマイチで、体が突っ込が目立ちます。投球フォームの核となる部分だけに、ここがしっかりできてくると、フォーム全体に好い影響を及ぼすはず。

(今後は)

土台となるフォームや投手としての筋の良さ、制球力や変化球の良さがあります。「着地」の粘りを意識しつつ、あと二回りぐらい体が大きくなったら、非常に楽しみ。

すでに135キロぐらいまで投げ込みますし、順調にパワーアップして欲しいですね。今のところスケールは感じませんが、最終学年では素晴らしい投手に変貌するのではないのでしょうか。選抜での成長ぶり、楽しみにしています。

(2011年 神宮大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント