FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田 誠也(和歌山・慶風3年)投手

Category : 選手レポート
山田 誠也(和歌山・慶風3年)投手 174/76 左/左

チームの4番・エースを担う、投打の中心選手。スリークオーターから繰り出すストレートは、MAX138キロと言われている。しかし試合を見るかぎり、120キロ台後半~MAX135キロぐらいではないのだろうか?スライダーとのコンビネーションで、投球を組み立てて来る。

(第一印象)

体格やフォームから、それほど凄みを感じる投手ではありません。ただ右打者には、外角一杯・低めにボールが集めるなど、痛手を食いにくい球筋です。ただ左打者の時には、結構アバウトなところがあります。その分、背中越しから来るような球筋で、特に体に当たりそうなところからストライクゾーンに決まるスライダーを生かしていました。

(長所)

牽制はそれほど鋭くはないのですが、1.1秒台のクィック・フィールディングなどもまずまずで、投球も大崩れしない野球センスの高さが伺えます。

グラブを内にしっかり最後まで抱えられ、足の甲でも地面を押し付けて投げることができるので、両サイド・低めへとボールが集められます。ただ「球持ち」が浅く、この点が改善されれば、もっと微妙な制球力や左打者への制球も改善されるのではないのでしょうか。

「着地」までの粘りもあり、「開き」も遅いフォーム。スリークオーターですが、独特の球筋だけでなく、フォームでもタイミングが取りにくい投手だと考えられます。

(課題)

投げ終わった後に、もっと腕が絡むような鋭さが出てくると、速球とスライダーとの見分けが困難になり、もっと空振りが奪えるような気が致します。

また「球持ち」が浅く、ボールにバックスピンがかけられないだけでなく、上手く体重が乗せられていません。そのため体重が後ろに残ってしまっていて、ボールが打者の手元まで来ません。ストレートがグッと来るようになると、打者にとっては厄介な投手だと思います。

(今後は)

無名の逸材ですが、取り組みと今後の環境次第では、面白い左腕だと思います。野球センスも高いですし、実際投球も実戦的です。これでコンスタントに140キロ前後投げられて、スライダーが切れて来ると、大学などでも注目されると思います。密かに期待して、この名前を頭の片隅に留めておきたいと思います。

(2011年夏 和歌山大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。