スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大串 和弥(北照 1年)投手

Category : 選手レポート
大串 和弥(北照 1年)投手 173/68 左/左

1年生ですが、すでにほぼ完成されている感じの左腕です。ポンポンと心地よいリズムを刻みながら、常時125~130キロ前半ぐらいのストレートと、左腕らしい大きなカーブとのコンビネーション。

(第一印象)

新チーム結成直後のチームでは打ちあぐねる、まとまりの左腕。逆に夏に向けて、こういった投手を各チーム打ち崩す打力を身につけてきます。それに負けないような成長して行けるのかが、この選手の大成へのポイントではないのでしょうか。

<長所>

そんなに細かいコントロールはないのですが、四死球で自滅することのない安定した制球力が自慢。ピンチでも動じることなく、実に平常心で投げられるハートの持ち主。見分けの難しい牽制と、1.0秒前半の高速クィックで走者を釘付けにできますし、フィールディングも一歩目の反応が鋭い、高い野球センスを兼ね備えます。

腕がしっかり振れますし、ボールに体重を乗せるのも悪く有りません。肉体の成長に従いパワーアップできれば、活きたボールが、打者手元まで伸びてきそうです。

<課題>

グラブを内に抱えられないので、フォーム暴れて微妙な制球がつきません。足の甲で地面を押し付けられていないので、ボールが上吊ることも少なくありません。

お尻が三塁側に落とせない割にカーブを多投しますので、体への負担は少なくありません。更に腕の角度にも無理があるので、肩への負担も大きいです。将来的にも、故障の可能性は高いので、日頃から体の手入れには充分注意をして取り組んでほしいと思います。

(今後は)

投手としての「型」はある程度出来上がっているのですが、まだ一年生なので、来年の夏までには球威・球速は伸びる余地があります。元々野球センスと実戦力があるので、ストレートの威力が増せば楽しみです。

選抜でも常時130キロ前後~MAXで130キロ台中盤ぐらいまで出せるようになっていると、かなり厄介な存在になるのではないのでしょうか。どのぐらい秋から変わって来るのか、注意して見守りたいと思います。

(2011年 神宮大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。