スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢 湧紀(青森・光星学院2年)投手

Category : 選手レポート
金沢 湧紀(青森・光星学院2年)投手 174/80 右/右

中背ながらガッチリとした体格から、常時130キロ前後~MAX138キロの角度のあるストレートを投げ込んできます。テイクバックを小さめにして、肘が下がらないように気をつけて投げてきます。変化球は、カーブで緩急を効かし、たまにスライダーを織り交ぜます。

(第一印象)

旧チームのエース・秋田 教良 投手の継投を継ぐ、よくまとまった好投手といった感じです。上背はないのですが、ボールに角度があり、最後夏には140キロぐらいは出せる投手になるのではないのでしょうか。

(長所)

静かにゆったりと入って行くフォームで、自分の「間」を大事にして投げてきます。そういった、いかにも投手らしい投手といった感じは致します。また牽制も鋭く野球センスを感じますが、クィックは1.2秒前後~1.35前後と、まだまだ鋭くありません。

「着地」までの粘りは作れており、体の「開き」も早くありません。独特のテイクバックも相まって、初めて対戦する打者は、かなり戸惑うのではないのでしょうか。

(課題)

ボールは適度に散ってはいるのですが、細かいコントロールはありません。特に足の甲の押し付けが浮いてしまっているので、ボールが上吊ることも少なくありません。

お尻が一塁側に落とせるないのに、カーブを多投してきます。そのため体への負担も少なく、また縦に無理に降り下ろすなので、肩への負担も大きなフォーム。故障には、充分注意する必要があるのではないのでしょうか。

(今後は)

いかにも高校生の好投手といった感じは致しますが、それでも夏までには140キロ近い球速が期待できるのではないのでしょうか。

カーブとのコンビネーションで投球を組み立てていますが、最終学年ではもう少しいろいろな変化球を修得することが求められます。あのカーブを多投するピッチングは、上のレベルでは厳しいように思えます。

全国レベルの好投手として、一冬越えた成長が期待されます。無事冬を乗り切り確かな成長を実感できるようならば、自ずと名門大学や強豪社会人への道も開かれるのではないのでしょうか。

(2011年 神宮大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。