スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西坂 凌(鳥取城北2年)投手

Category : 選手レポート
西坂 凌(鳥取城北2年)投手 184/82 右/右

恵まれた体格から140キロ台を記録するとして、神宮大会で注目された大型右腕。ただ実際は、常時120キロ台後半~130キロ台中盤で、まだまだこれからといった投手。緩いカーブで緩急を効かせ、時々スライダーを織り交ぜて来るオーソドックスなスタイル。ただストレートが常に変化するなど、そういった癖球が秋の時点の高校生では、捉えづらかったのかもしれない。また本格派に見えるが、腕の振りはスリークオーターだった。

(第一印象)

フォームがギクシャクしていて、またボールも癖球で、思った以上に手元まで来ないなという印象を受けました。それでも着地までの粘りがなく甘いボールも多かったのに、それほど連打を浴びなかったのは、この癖球によって、芯を外されていたように思えます。

(長所)

秋の時点では、驚くような球威・球速はありませんでしたが、四死球で自滅することもなく、試合をまとめていました。一見アバウトそうに見えますが、トータルでは投球をまとめることができます。

指先の感覚はまだまだですが、グラブを最後まで内に抱えられ、足の甲でも地面を押しつけることができ、ある程度ボールを狙ったところには集められます。もう少し身体がビシッとして、指先まで力が伝えられれば、もっと細かい制球もつきそうです。

(課題)

地面に向けて足を伸ばして投げるので、お尻を一塁側に落とせません。そのため身体を捻り出すスペースがないままカーブを多投しているので、身体への負担は少なくないように思えます。更に「着地」までの粘りにも欠けるので、将来的に曲がりの大きな変化球の修得は厳しいと考えられます。速い変化球中心に、投球の幅を広げて行くことになるのではないのでしょうか。

まだ身体を鋭く動かせず、腕の振りも身体に絡んできません。これでは、カーブを投げても腕が緩み上のレベルでは通用しないと考えられます。

またボールに体重を乗せられていないので、球速があっても手元まで活きた球が行きません。もう少し「体重移動」を、しっかり行えるフォームにしたいところ。

(今後に向けて)

まだ身体もビシッとしていませんし、フォームにロスが少なくありません。そのため一冬越えても、素直に技量を伸ばしてこられるのかは、正直不安が残ります。

むしろ癖球を生かしたイヤらしい投球に徹するのか、真に本格派を目指すのか、この春の成長具合で大きく方向性は変わって来そうです。選抜までにどんな成長を遂げるのか、個人的には興味深いものがあります。

(2011年 神宮大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。