FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤本 寿希弥(熊本・東海大ニ 3年)遊撃手

Category : 選手レポート
藤本 寿希弥(熊本・東海大ニ 3年)遊撃 178/67 右/右

チームの3番・遊撃手を務める攻守の中心的な役割を担う選手で、2011年度の熊本を代表する遊撃手として注目されました。

(第一印象)

東海大系列特有の、しっかりした体つきが目を惹く一方で、脆さを感じます。

(長所)

強肩を生かしたプレーが、この選手の一番の売り。ただ遊撃手としてのスピード感や動きの極め細やかさがないので、将来的には三塁もしくは外野手にコンバートされるタイプではないのでしょうか。

足元のブレが我慢できているので、右方向に打ち返す幅があります。バットの振り出しも悪くないので、スイング軌道にも大きなロスは感じません。

動作は小さいので目線がブレませんし、開きも我慢できていますし軸足にも大きな崩れは感じません。軸がしっかりした、スイングができています。

(課題)

始動が遅すぎるために、一定レベルの球速・キレのある球への対応は心配になります。ただトップを早めに作ることで、その欠点を補おうとしています。

始動~着地までの「間」がないので、どうしても打てるタイミングが限られます。そのため、よほど狙い球を絞り込み、その球を逃さない「鋭さ」を身につけないと厳しいでしょう。

その場でカカトを上げ下げするだけの踏み込みなので、体重移動が上手く出来ていません。これでは、打球が上手く前に飛んで行かないように思えます。

(今後は)

彼が大成するのには、いかに脆い打撃を改善できるのかがポイントになるでしょう。始動の遅さと「間」の取れないタイミングの取り方、体重移動と、この3つを改善できると、随分と変わってきそうです。

強肩を生かした遊撃守備にはスケールは感じられるものの、将来的には遊撃手としてはどうかな?という不安が残ります。しかしその心配を取り除けば、スケールの大きな遊撃手へと変貌しそう。ぜひ今後も、その成長を見守って行きたい、将来楽しみな選手です。

(2011年夏 熊本大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。