FC2ブログ

門口 翔太(和歌山・日高3年)投手

Category : 選手レポート
門口 翔太(和歌山・日高3年)投手 177/70 右/右

上下動の激しいフォームながら、140キロを記録すると言われていた投手。2年生時からチームを支え、2011年度の和歌山を代表する投手の一人でした。

(第一印象)

実際観た感じでは、常時135キロ前後といった感じで、カーブ・スライダー・特にチェンジアップのような沈む球を武器にし、コンビネーションで相手を討ち取ってゆくタイプ。それほど、投手としてのスケールは感じません。

(長所)

ボールそのものに驚くようなものはないのですが、地面に着きそうなところまで足を落としてから、そこから前にグ~と足を逃し、なかなか着地しない粘りのあるフォームが特徴です。これにより、打者はタイミングが合わせにくいはず。

細かい制球力はないのですが、ボールを散らせつつ投球をある程度作って行ける、まとまりがあります。夏の智弁和歌山戦では、終盤まで好投して後一歩のところまで王者を追い込みました。

足を引き上げて軸足一本で立った時のバランスは素晴らしいです。膝には力みがなく、実に上手くバランスが取れて次の動作につなげられいます。

(課題)

ランナーが一塁にいても、クィックを使って来ません。上のレベルでは必須の技術だけに、ピッチングに集中したいのはわかりますが、この辺は今後の改善点。1.2秒弱で投げ込むこともあるので、全くできないわけではないと思います。

もう少しストレートに、伸びやキレみたいなものが出てくるといいですね。球筋はス~と糸引くようなものはあるのですが、意外に手元での威力はたいしたことがないように思えます。

(今後は)

本格的な指導を受ければ、まだまだ伸びる要素はあると思います。ストレートに磨きがかかれば、チェンジアップなどが好いので、それを武器にピッチングが組み立てて行けそうです。今後も志しを高く持って取り組めば、大学などでの活躍も期待できます。また何処かの試合で、出会える日を楽しみにしております。

(2011年夏 和歌山大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント