FC2ブログ

森田 祐功(和歌山・伊都3年)投手

Category : 選手レポート
森田 祐功(和歌山・伊都3年)投手 172/68 右/右

元々は捕手だった選手のようですが、マウンド捌きは洗練され、変化球のキレが好い投手です。ストレートも常時135~後半ぐらいは出ていそうで、グンと来る速球は並の高校生では打ち返せない球威を感じさせます。

(第一印象)

大きなテイクバックを取ったあと、腕が外回りに外旋するフォームですが、スライダーやチェンジアップなどのキレが好いのが光ります。体に力があるので、小柄ですがまだまだ球威・球速を増すことが期待されます。

(長所)

右打者には、両サイドにボールを散らせ低めに変化球を集めることができます。

フォームは荒っぽいのですが、マウンドをパッと外したりと、投球センスを感じさせます。そのため投手歴は浅くても、クィックやフィールディングの動きも悪く有りません。

お尻を一塁側に落とせる上に、大きく前にステップすることで着地を遅らせることができています。そのため好い変化球を投げられる下地ができています。ただ手を小さそうなので、フォークなどの挟む球種は厳しいかもしれません。

(課題)

ストレートのように、力を入れて投げるボールの球筋にバラツキがあります。特に左打者に対してはアバウトで、甘く入ることも少なくありません。

腕は強く振りぬけているのですが、前へのステップが大きい過ぎるのか、体重が後ろに残ってしまっています。そのため「体重移動」がままならず、手元まで伸びのあるボールはあまり行きません。現状は、球威のあるストレートを魅せ球にして、変化球で打ち取るピッチングスタイルです。

(将来に向けて)

上背はないのですが、馬力がある投手なので、まだまだ球威・球速を伸ばせるのではないのでしょうか。この手のタイプにしては、投球センス・変化球が優れているのが大きな特徴。大学などで努力を怠らなければ、かなりのところまで行ける可能性を秘めています。ぜひ、今後も野球に真剣に向き合って頂きたい一人です。

(2011年夏 和歌山大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント