FC2ブログ

宮本 嘉生(高知高 3年)投手

Category : 選手レポート
宮本 嘉生(高知・高知高)投手 172/61 左/左

2011年度の、高知高校のエースです。左スリークオーターから繰り出す独特の球筋と、勝負どころでは130キロ台後半を記録する技と力を兼ね備えた好投手。

(第一印象)

1年生の頃から、その成長を見守ってきました。年々緩やかなながら、着実な成長を実感しました。

(長所)

内外角に投げ分ける制球力があり、試合壊さない安心があります。特に勝負どころでは、右打者胸元の厳しいところに、ビシッと決めて手も足も出ません。

左打者にとっては、背中越しから来るような独特の球筋。特に外角低めのボールゾーンに逃げてゆくスライダーは、とても遠くに感じられるはずです。それでいて、左打者の内角にもボールを投げ込むことができます。

中々着地しないフォームですので、ボールの出所も見難いです。打者としては、かなり厄介だと言えるでしょう。

(課題)

左投手であるので、牽制などを入れたり、一塁走者が常に見えるので、クィックはあまり早く行いません。これができないからなのか、わざとなのかは定かではありませんが。

(将来的に)

勝負どころでは、130キロ台後半(MAX138キロ)を記録し、ボールにも力がありました。大学や社会人などに進んでも、早くから実戦で投げられる完成度があります。

ただのクセ球的な投手ではなく、これに力や球速もあるのが、他の同タイプとは一味違うところ。実戦的という意味では、2011年度高知の3年生世代でも屈指だったのではないのでしょうか。凄みはありませんが、甲子園に出してあげたかった投手です。今後の活躍にも、注目して行きたい投手です。

(2011年夏 高知大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント