スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷 司(龍谷大平安・3年)右翼手

Category : 選手レポート
大谷 司(龍谷大平安・3年)右翼 188/80 右/左

(どんな選手?)

新チーム結成直後は4番を任されるなど期待された選手ですが、その期待に中々応えることができず今の2番打者に落ち着いたとのこと。二番打者らしからぬ巨体とチーム屈指の長打力を誇る、異色の2番打者。



(守備・走塁面)

一塁までの塁間を4.5秒ぐらいと、大型故に加速が遅いタイプ。それでも三塁打では、12秒を切るような脚力なので足が遅いわけではない。しかし新チーム結成以来の36試合で盗塁0個と、盗塁で揺さぶるようなプレースタイルではありません。

右翼手としても可も不可もなしといった感じで、守備範囲の広さや反応良さは感じませんが、大きなミスは少ないのではないのでしょうか。また肩も基準以上で、まずまずものがあります。上のレベルでも、レフトあたりならば無難にこなしそう。

走力自体遅くはないと思いますが、加速が遅く実戦向きではないのでは。守備も下手ではなく、地肩も悪くありません。けしてアピールできる能力はありませんが、足を引っ張ることはないと評価できます。

(打撃内容)

打球の多くが、一二塁間・ライト方向への引っ張りが多いのが特徴。ツボにハマればスタンドインの長打力はありますが、それほど打球が上がるタイプでもなさそう。パワーはありますが、ホームラン連発というスラッガーではないはず。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えた強打者スタイル。腰の座り、全体のバランス、両目で前を見据える姿勢なども平均的。

<仕掛け> 遅すぎ

投手の重心が下がりきったところで、足をベース側に移しつま先立ちします。そこから本格的に動き出すのは、投手がリリースを迎えるあたり。これは「遅すぎる仕掛け」であり、一定レベルの球速・キレのある球に対しては立ち遅れてしまいます。

<足の運び> ☆☆

始動~着地までの「間」がないので、線よりも点で捉えるスイング。そのため予め狙い球を絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。そのためスピードの変化には弱く、緩急に脆い特徴があります。

ベース側にインステップして踏み込んで来るように、外角を強く意識しています。しかし踏み込んだ足元がすぐに地面に離れる、引っ張る打撃を好みます。外角の球を振りにゆく割に、引っ張り込める球は外角でもそれほど厳しくない外角よりの球まで。内角の捌きも窮屈になることを考えると、打てるコースもかなり限られているのではないのでしょうか。

緩急への脆さ・コースも限られているとなると、よほどボールの見極め、苦手のコースの球のカット、打てるゾーンを打ち損じない一発で仕留める「鋭さ」がないと、この打撃は成立しません。この選手が期待されながら、なかなか結果を残せなかったという話も、なるほど頷けます。

<リストワーク> ☆☆☆☆

始動が遅すぎる欠点を、あらかじめトップの位置にグリップを添えることで、補おうとします。またバットの振り出しも、上からミートポイントまでインサイド・アウトの最短距離での振りぬきを実現し、ロスの極めて少ないスイング。しかしこれは、アベレージ打者としては好いですが、強打者としては反発力の少ないスイングになり、打球がよほど彼のツボに入って巻き込まない限りホームランには結びつかないわけです。

体の強さ・天性のパワーはあるものの、思ったほどホームランが出来にくいのは、確実性が低いことと、この無駄を廃したアベレージ打者のようなスイング軌道に原因があるということになります。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが極めて小さいので、目線は大きくは動きません。体の開きは充分に我慢できないので、レフト方向への流し打ちは期待できません。それでも軸足は地面から真っ直ぐ伸びており、綺麗な軸回転でスイング出来ています。

(打撃のまとめ)

緩急への脆さ、捌けるコースが限られているために、どうしても独特jの脆さがあります。しかし無駄を徹底的に廃したスイング、軸の安定などの高度な技術もあり、打てる球は限られても、そこを打ち損じないスイングは出来ています。

今後始動を早めたり、ステップを真っ直ぐ踏み出したり、足元が踏ん張れるようにしてレフト方向への意識も身につければ捌ける球も広がるはず。根本的なボールを捉える感覚の良さは、ドラフト候補として注目される 徳本 健太朗 以上の資質はあると評価します。

(最後に)

ただし徳本のように足や守備でアピールできるタイプではなく、打撃での潜在能力は上をいっても、ドラフト候補として考えられるのは、徳本 の方が高いことは否定できません。

多くの課題を抱えていることもあり、この大谷が本当の意味で素質が開花するのは、まだまだ先のことになるでしょう。自分の可能性を信じて、今後もいかに邁進して行けるのか。少し長い目で、見守ってみたい選手ではないのでしょうか。最後の夏に、どんな役割を果たすのか注視して見守りたいと思います。

(2014年 選抜大会)

スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。