FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守屋 元気(春日部共栄・2年)捕手

Category : 選手レポート
             守屋 元気(春日部共栄・2年)捕手 175/73 右/右




                         「もう少し腰を据えても」




補球してからすぐに投手に返したり、スイングの際にも踏み込んだ足元がすぐに地面から離れてしまったりと、もう少し次の動作までの移行を遅らせて、地に足を着いたプレーでも好いのではないかと思ってしまう。忍耐力が求められる捕手というポジションにおいて、ちょっとプレーがせっかちに見える。

(ディフェンス面)

投手に強く返球したり、捕ったらすぐにボールを返したりと、投手の心理を気遣ってプレーする、そんなタイプではけしてないでしょう。バッテリー間のやりとりを見ていると、自分で主導権を握って、自分の意志で投手をコントロールしようとします。好い面は、内野や投手にしっかり指示が伝えられるなど、リーダーシップのある選手ではあるのですが。

ミットを投手に示すのは投げる直前と短く的をつけ難いのではないかと思いますが、グラブは地面の方には下げません。フットワーク自体は悪くないので、ワンバウンド処理などにもそれなりに対応。ボールを押し込むようなキャッチングもでき、キャッチング全体は悪くありません。残念ながら二塁までの正確なタイムは計測できませんでしたが、地肩はそれなりに強そう。塁間1.9秒を切ると言われる選手ですが、ぜひ夏までに一度生で確認してみたいものです。

(打撃内容)

旧チームから中軸を担い、右にも左にも打球を飛ばすことができます。

<構え> ☆☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えます。腰の据わり具合、両目で前を見据える姿勢は並ですが、全体のバランスとしては悪くありません。

<仕掛け> 早めの仕掛け

投手の重心が下る時に始動する「早めの仕掛け」を採用。対応力重視のアベレージヒッターであることがわかります。

<足の運び> ☆☆☆☆

始動~着地までの「間」は取れており、速球でも変化球でも合わせることができます。ベース側にインステップして踏み込むように、外の球を強く意識したスタイル。踏み込んだ足元はブレないので、外角の厳しい球や低めの球にも喰らいつくことができます。しかし地面から早く足が離れるので、払うようなスイングになりがち。本当は、打球を引っ張り込みたい打者なのではないのでしょうか。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」は早く作れているので、速い球に立ち遅れる心配はありません。しかしバットの振り出しは、少し体から離れて出ており遠回り。バットの先端であるヘッドも下がっていて大きな弧は描きますが、確実性の高いスイングではありません。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げはありますが、目線は大きくは動きません。体の開きもなんとか我慢出来ていますし、地面から軸足が真っ直ぐ伸びており、綺麗な回転で打ててはいます。調子の波は、比較的少ないのではないのでしょうか。

(打撃のまとめ)

スイング軌道にロスを感じるので、全国レベルの投手相手だと、ちょっと厳しいかなぁと思える部分もありました。捕手としては一定レベルの打力はありますが、まだまだ課題も少なくはありません。

(今後は)

捕手としては、投手への配慮やプレーにきめ細やかさがなく、好みの捕手ではありません。同じ埼玉でも 長野 創太(川越東)捕手とは対照的なタイプかと。2014年度の埼玉を代表する捕手として注目されると思いますが、まだまだ全国レベルの捕手ではないように思います。夏までに、どのぐらい攻守に精度を上げて来るのか注目して見守って行きたいと思います。

(2013年夏・埼玉大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。