スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸崎 尚哉(栃木・白鴎大足利・3年)投手

Category : 選手レポート
戸崎 尚哉(栃木・白鴎大足利・3年)投手 179/65 右/左





                          「かなりの個性派」





腕を前に大きく突き出し、重心を深く沈めながら前の肩は上がり後ろ肩は下がる、まるでやり投げでもするような独特なフォームから投げ込んで来る 戸崎 尚哉 。フォームは変速でも、投球はオーソドックスな好投手だった。

(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。軸足に体重を乗せきる前に、膝を折って重心を下げてしまうフォーム。

ストレート 常時135キロ前後~後半

ボールの勢いは、想像以上のものがありました。どうしても肩を上げて投げ込むフォームなので、ボール全体が高いのが気になります。それでも、両サイドに投げ分けられるコントロールはありました。

変化球 カーブ・スライダー・チェンジアップ

緩いカーブを右打者外角に集めたり、外角高めにスライダーでカウントを稼いだり、左打者にはチェンジアップなども織り交ぜます。カウントを稼ぐ変化球は豊富ですが、相手を仕留めるほどの球種がないのが課題でしょうか。

その他

マウンド捌きやコントロールなどは良いのですが、クィックが1.25~1.35秒ぐらいかかるなど、少し遅い気が致します。

(投球のまとめ)

コントール・マウンド捌き、ボールの勢いなどもそれなりなのですが、コースを突いた球でも合わされやすいのが欠点。テイクバックした時に、前の肩と後ろの肩を結ぶラインが、打者に真っ直ぐ伸びて正対しやすいので、打者からはボールが見やすいのではないのでしょうか。

(投球フォーム)

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を高い位置でピンと伸ばすので、お尻は一塁側に落とせます。そのため見分けの難しいカーブやフォークのような縦に鋭く落ちる球種を投げるのには無理がありません。

ただ「着地」までの粘りがイマイチで、体を捻り出す時間が不十分。こうなると、変化球が充分曲がり切らないことが多く、武器になる球種が身につけ難いことになります。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは最後まで体の近くにあるので、両サイドの投げ分けは安定。しかし前の肩が上がって投げるだけでなく、膝小僧まで深く重心を沈めてしまい、返ってスパイクのエッジが使えずボールを低めに抑え込めません。また「球持ち」も浅く、ボールを低めに押し込めません。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻は落とせているので、カーブやフォークなどの球種を投げても無理はないはず。しかし腕の角度に関しては、無理に角度をつけて振り下ろそうとして、腕の送り出しに無理があります。これでは、肩に大きな負担がかかってしまうのではないのでしょうか。

<実戦的な術> ☆☆

「着地」までの粘りがもう一つのため、打者としては苦にならないフォーム。そのため体の「開き」も早く、コースを突いた球でも球筋を読まれ打たれてしまいます。

振り下ろした腕のもイマイチ振れておらず、速球と変化球の見極めもつきやすいはず。重心が深く沈み過ぎて、ボールに上手く体重が乗せられず、体重移動もままなりません。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、いずれにも課題を抱えており実戦的とは言えません。故障の危険性も否定できませんし、コントロールも高めに上吊ることが気になります。

(最後に)

かなり個性を重視してくれる環境で、野球を続けられることを期待します。両サイドへのコントロール・マウンド捌き、ボールの勢いはあるので、地方リーグならば充分野球を続けて行ける素材ではないのでしょうか。また何処かで、その投球に出会えることを楽しみにしております。

(2013年夏・栃木大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。