スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島 翔太(常総学院2年)右翼手

Category : 未分類
高島 翔太(常総学院2年)右翼 177/77 右/左

旧チームでは、2番や下位打順を務めてました。特足で揺さぶったり、つないだりと、好打者タイプで強打よりも上手さが目立つタイプ。特に内角高めの球を、引っ張るのではなくレフト方向へ打ち返すバットコントロールには驚かされます。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.25秒前後と高校生としては俊足で、ドラフト候補としては平均レベル。夏の茨城予選では、6試合で2盗塁と、それなりに動ける選手であることがわかります。

観戦した試合では、殆ど打球が飛んで来ないので右翼手としてよくわかりませんでした。新チームでは、中堅手を任されているようですが、センバツではぜひチェックしてみたいポイント。

(打撃内容)

合わせる上手さはありますが、強く叩ける凄みはありません。そのためドラフト候補というよりは、大学進学タイプなのかなと思います。

<構え> ☆☆☆☆

前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰の据わり・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスも良く、構えとしては良いと思います。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

始動は遅すぎる仕掛けで、打てるポイントは限られます。ここまで遅い始動だと、一定レベル以上の球威・球速に差し込まれるので、よほどのヘッドスピードや筋力が求められますが、彼はそういったタイプではないのが気になるところ。極めて甘い球を逃さない「鋭さ」も、求められます。

<足の運び> ☆☆☆

足を殆ど上げることなく、真っ直ぐ踏み込みます。始動~着地までの「間」がないので、狙いすました一点の球を打ち損じない打撃が求められます。真っ直ぐ踏み込むように、内角でも外角でも対応したいタイプ。踏み込んだ足元はインパクトの際にブレないので、外角や低めの球にはシッカリ対応できます。コースへの対応は幅広い打撃に、緩急の揺さぶりが課題ではないのでしょうか。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」はそれなりに遅れずに作ることができ、バットの振り出しも寝せながらも、ヘッドが下がらないように振り切れています。特にスイングに、大きな癖はありません。合わせる技術はあるのですが、強く叩く力感がないのが、これからの課題だと言えそうです。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが殆どないので、目線は安定。体の開きも我慢でき、軸足も安定しています。軸は、安定したままスイングできています。

(最後に)

守備はよくわからなかったのですが、走力はそれなり。打撃も強く叩けなかったり始動が遅すぎる点を除けば、技術的には悪くありません。センバツでアピールして、有力大学への進学を決定づけて欲しいと思います。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。