FC2ブログ

望月 直也(盛岡大附2年)遊撃手

Category : 選手レポート
望月 直也(盛岡大附 2年)遊撃手 178/76 右/右

旧チームからの唯一のレギュラーで、2番・遊撃手として出場。安定した遊撃守備と右方向に打ち返す、つなぎのプレーがこの選手の持ち味。

(守備・走塁面)

打球への反応・フットワーク・スローイングの流れもよく、夏の岩手予選6試合で無失策など安定感のある遊撃守備が魅力。特に強肩で魅了するとか、動きがダイナミックということはありませんが、無駄がないスマートな守備をする選手といった印象を受けます。順調に鍛錬を積めば、上のレベルでも通用する遊撃手にまでなれそうです。

一塁までの塁間は、4.3秒前後と、左打者に換算すると4.05秒ぐらいに相当。ドラフト候補としても、中の上レベルはある脚力です。実際にこのタイムを、2012年度のドラフト指名された右打者のタイムに当てはめると、走塁偏差値は、51 ぐらいと。ほぼ基準レベルになります。夏の予選でも2盗塁を決めたように、圧倒的な脚力はありませんが、基準を満たすだけの脚力はすでにあるようです。

守備・走塁共に、2年夏の時点でプロの基準レベルは貴重な選手。あとは、打撃でどのぐらいアピールできるかといったことでしょう。

(打撃内容)

岩手予選の打率は、.333厘と強打の盛岡大附の中では、けして目立つ存在ではありませんでした。しかし大谷翔平(花巻東)からもヒットを放ち、甲子園でも2安打を放ったことは、今後に大きな自信につながるのではないのでしょうか。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで、脇を閉じグリップの高さは平均的。腰の据わり具合・全体のバランスはもうひとつですが、両目で前を見据える姿勢は悪くありません。

<仕掛け> 早すぎる仕掛け

投手が重心を下げる前から足を引き上げて待っているなど、極めて始動が早すぎます。ここまで長い間バランスを維持するのは大変なことですし、投手によってはフォームでタイミングを狂わされてしまう危険性があります。始動が早いのは良いのですが、フォームでタイミングが狂わされない重心が下がり始めてからで良いのではないのでしょうか。

<足の運び> ☆☆☆

始動~着地までの「間」は取れているので、速球でも変化球でも合わせやすい打ち方。真っ直ぐ踏み込むように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。しかし踏み込んだ足元が、インパクトの際に早く地面を離れてしまうので、外角の厳しい球や低めの球には、開きを我慢して対応できません。右方向への打撃を得意としておりますが、本当に厳しい外角球は苦手という矛盾もついてまわります。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのは平均的。残念なのは、バットを振り出すときにバットの先端であるヘッドが下がって、こねてしまうようなスイングをしてしまうところ。右方向に打ち返している時は良いのですが、引っ張ったら引っ掛ける可能性は高そうです。

ただボールを捉えるセンスは良いので、技術が改善できれば、かなり対応力も期待できるのではないのでしょうか。もう少し上から、素直にミートポイントにぶち当てるスイングを身につけたいですね。

<軸> ☆☆☆

頭の動きは小さいので、目線はブレは少なそう。ただ「開き」が我慢しきれない下半身と、少し軸足が前にツッコミがちなので、状態が突っ込まない意識を常に持ちたいところ。

(最後に)

体格も均整が取れていますし、走力・守備力もあります。打撃の対応力も悪くないだけに、大学などに進んで結果が残せるようになると楽しみです。現状は、ドラフト候補のような凄みは感じませんが、実戦の中で研ぎ澄まされてゆけば、将来面白いかもしれません。

「強さ」「鋭さ」をテーマに、凄みが出て来ると、一躍ドラフト候補になれるとは思いますが・・・。そういったことを期待できるのは、大学に行ってからもしれません。いずれにしても、2013年度の東北を代表する遊撃手になりそうです。

(2012年 夏)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント