スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋 竜之介(仙台育英3年)遊撃

Category : 選手レポート
高橋 竜之介(仙台育英 3年)遊撃 170/60 右/右 (明大進学予定)

この夏、仙台育英の核弾頭として甲子園にも出場。選球眼の良さとパンチの効いた打撃で、チームの突破口を切り開きました。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.5秒前後で到達。左打者に換算すると、4.25秒前後と平均的な脚力の持ち主。そのため宮城大会の6試合でも1盗塁と、それほど走力を全面に出すプレーヤーではありません。

遊撃手としては、深いところから刺せるなど地肩は基準以上。動きも悪くなく、バウントが大きなkスタ宮城でも、状況に応じたプレーを魅せてくれました。際立ってフットワーク・キャッチング・スローイングと上手いわけではありませんが、難しい遊撃というポジションながら、予選6試合でノーエラーは評価できる数字です。

(打撃内容)

出塁率が高いと言うだけあって、初球からガンガン打ちに来るタイプではありません。外角のストレートを、引っ張って巻き込む打撃を得意としています。パンチ力があるというのは、上手く巻き込んだ時に長打につながるからだろうと考えられます。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。比較的、体の近くにバットを添えています。腰はそれほど沈めずに、両目で前を見据える姿勢・全体のバランスなども平均的。少し窮屈な構えかなと言う印象は受けます。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

始動は、投手の重心が沈みきったあたりで始動する「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた中距離打者が採用する仕掛けです。

<足の運び> ☆☆☆

軽く足を上げて、真っ直ぐ踏み込んできます。始動~着地までの「間」は適度に取れているので、速球でも変化球でもそれなりに対応できるはず。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいという意志の現れ。ただ気になるのは、あらかじめ踏み込んだ足の爪先が開き気味で、ボールを捉えたあともいち早く地面から離れます。これは、完全に引っ張り・巻き込み型の打者の打ち方であり、外の球に対してこのような打撃を魅せます。そう考えると、現状右方向への打撃は、あまり期待できないのではないかと考えます。そのため打てるコースのは、限定されてしまう危険性を感じます。宮城予選でも、.348厘と図抜けた数字ではありませんでした。

<リストワーク> ☆☆☆☆

あらかじめ、打撃の準備である「トップ」を早く作ります。バットの振り出しも、上からミートポイントまで最短距離でボールを捉え、コンパクトにはじき返します。スイング軌道に無駄がなく、上半身の使い方は上手いです。

<軸> ☆☆☆

ちょっと自分からボールを追いかけてしまうところがあるので、目線はそれなりに動きます。体の開きも我慢できていませんが、軸足は地面から真っ直ぐ伸びて綺麗な回転で振れています。

(打撃のまとめ)

甘い球が来れば、思っきり振りぬく爽快感のある打撃をします。その一方でかなり引っ張り傾向が強いので、打てるコースが限られます。特にボールを捉えるセンスが素晴らしいとか、甘い球は絶対に打ち損じないとか、ヘッドスピードが抜群に速いとか、特別なものは感じられません。

外に逃げてスライダーや低めの球への対応が課題で、強引に引っ張って、引っ掛けてしまうことも少なくありあmせん。

(最後に)

いかにもパンチ力のある、小力を秘めた核弾頭。ただそれほど群を抜いて足が速いわけでもなければ、守備・打撃もソコソコと言ったレベル。

むしろこの選手は、資質の高さよりも気持ちの強さを生かした、精神面でプレーする感覚派。むしろもう少し、打撃に感性が感じられると良いのですが。いずれにしても大学などで、何処までその資質を伸ばせるかでしょう。明治に進むらしいので、ぜひその成長した姿を神宮で確認してみたいですね。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。