FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤 渉太(都市大塩尻 3年)投手&外野

Category : 選手レポート
内藤 渉太(都市大塩尻 3年)投手&外野 左/左

昨年は、5番・右翼手として甲子園に出場。今年は、エースナンバーをつけて、チームを支える左腕。今回は、野手としての 内藤 渉太 の最終学年のプレーぶりを考察したいと思います。この選手は、プロ志望届けを提出したことで、一層注目度が上がりました。

(守備・走塁面)

私の見た試合は、夏の佐久長聖との試合。先発で投げていたので、試合途中までは外野の守備につきませんでした。そのため守備・走塁に関しては、あまりわかりません。そこで、昨年のレポートを参考にしながら書き込んで行きたいと思います。。

一塁までの塁間を、左打席から4.25秒前後で到達するという平均的な脚力の持ち主。特に足を売りにするといった、絶対的なものは感じられません。

昨年は、右翼手として出場。今年は、試合途中から中堅手として守備に入っていたと思います。打球への入り方は悪くなく、プレーにスピード感を感じます。投手としても135キロ級のボールを投げるように、地肩もそれなりに強いと考えられます。

走力は平均的、守備は中の上レベルの選手、そんな感じが致します。

(打撃内容)

腰にグッと力が入り、打席での集中力を感じます。上手くレフト方向に合わせる打撃と鋭い打球が印象的。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで構え、グリップは高く添えバットを立てて構えます。腰の据わりはよく、両目で前で見据える姿勢や全体のバランスは平均的でしょうか。もう少し身体を動かすなりして、構えの時にも自分でリズムが刻めると、もっと柔らかさが出てきそうです。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

一度つま先立ちしてから、リリース直前にステップしてきます。このタイミングでの始動は遅すぎて、どうしても動作が後手後手にまわり、打撃に必要な動作を端折らないと対応できません。

<足の運び> ☆☆☆

始動~着地までの「間」がないので、打てるタイミングは限られます。あらかじめ狙い球を絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。

ただ真っ直ぐ踏み出した足元は、インパクトの際にブレずに我慢出来ています。真っ直ぐ踏み出すことで、内角の球でも外角の球でも幅広く対応したいという意志が感じられますし、足元がブレないことで、外の厳しい球や低めの球にもついて行けます。この選手の場合、コースには対応できますが、スピードの変化にいかについて行けるのかがポイントになります。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのが、少しバットを引くのが遅く差し込まれてしまいがちです。バットの振り出しに癖はなく、先端であるヘッドも立てて最後まで振り切れています。ボールを捉える感覚も悪くないですし、スイングにも大きな癖は感じません。

ただボールを強く遠くにといったタイプではなく、合わせる上手さと鋭く野手の間にといったタイプ。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが非常に小さいので、目線が常に安定しています。身体の開きも我慢出来ていますし、軸足にも粘りが感じられます。軸が揺らがないのが、この選手の最大の良さとなります。

(最後に)

現状打者では、凄みや特徴に欠けるので、大学タイプだと考えられます。投手としても、高校からプロいったほどの絶対的なものは感じられません。ここは、大学などに進んでから、再度プロを目指すことになるのではないのでしょうか。動作に余裕の持てるように、もう少し始動を早めれば打撃の幅が広がりそうです。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。