スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野 勇太(木更津総合3年)左翼手

Category : 選手レポート
高野 勇太(木更津総合3年)左翼 176/76 左/左

強打・木更津総合打線のの4番打者で、ドラフトNO.1右腕・藤浪晋太郎(大阪桐蔭)投手から、3安打を放った選手です。第一打席は甘くなったスライダーを、センターバックスクリーンへ。その後は、本気になった藤浪投手のストレートを打ち返し、2本のヒットを放ちました。こと打つことに関しては、超高校級の強打者だと言えるでしょう。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.25秒前後と、高校生としては遅くありませんが、プロの基準である4.2秒よりは劣ります。千葉予選の7試合でも1盗塁と、足でアピールするタイプではありません。

左翼手としては、打球への反応、守備範囲など、思ったほど悪くありませんでした。ただ地肩はそれほど強くないので、やはり上のレベルでも、左翼手が合っていると思います。キャッチング・守備範囲などを考えると、左翼ならば問題なく務められそう。

そういった意味では、守備・走塁ともアピールするほどのものはありませんが、足を引っ張るということはなさそうです。やはりこの選手は、打撃で勝負というタイプ。

(打撃内容)

千葉予選の7試合では、1本 4打点 1盗塁 打率.417厘 とやや地味な数字に留まりました。

<構え> ☆☆☆☆

前の足を引いて、グリップを高めに添えます。腰の据わり具合もよく、全体のバランスも悪くありません。やや両目を見据える姿勢は平均的ですが、どっしり感があって良い構えではないのでしょうか。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

投手の重心が沈み込んで、前に移動する段階で動き出「遅めの仕掛け」を採用。ボールを手元まで引きつけて叩く、長打距離打者が多く採用するタイミングです。ただ打撃を見ていると、長距離打者というよりは、中距離打者タイプなのかなという印象を受けます。

<足の運び> ☆☆☆

始動が遅い割に、足を回しこんで来るので、速い球にはどうなのかな?と思ったのですが、藤浪投手のスピードボールに対応しているので、気にするのことはないのでしょう。

強烈なインステップをして、外の球を強く意識したスタイル。ただ始動~着地までの「間」は短いので、いろいろなスピードの変化に、瞬時に対応できるタイプではありません。また踏み込んだ足元が、早く地面から離れるところを見ると、外の球を叩くも元来は左方向よりも引っ張って巻き込みたいタイプなのかもしれません。

打てる緩急の幅、コースの幅は限定されており、そこを逃さないで捌けるのかが、この選手の生命線となります。

<リストワーク> ☆☆☆☆

早めに打撃の準備である「トップ」の形を作ります。バットを上から振り出し、ミートポイントまでは大きなロスを感じません。ボールを捉えてからも、バットの先端であるヘッドを立てて、上手くボールを拾って運びます。

けしてスイングの弧が大きいとか、フォロースルーを上手く活かすタイプではありませんので、スイング自体は意外に好打者タイプではないかと思います。

<軸> ☆☆☆

頭の動きは小さく、目線は安定しています。少し開きが早いかなという印象を受けますが、軸足は強く安定しています。

(最後に)

藤浪相手でもモノともしない打力は、全国でもトップクラスの強打者だと言えるでしょう。守備・走力でのアピールには欠けますが、これからも強打者として、ガンガンアピールして欲しいですね。ドラフト候補云々という総合力はありませんが、ぜひ大学や社会人に進んで、この打撃でアマを代表する強打者に育って欲しいと期待します。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。