FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷口 一平(遊学館3年)遊撃手

Category : 選手レポート
谷口 一平(遊学館3年)遊撃 173/73 右/左

一年生からレギュラーを張って活躍している、攻守にセンスを感じさせる好選手。この夏も1番打者として、チームを攻守で引っ張ってきました。

(第一印象)

いかにもセンスが良いといった感じで、典型的なアマチュアタイプの好選手といった雰囲気がします。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.0~4.1秒前後で走り抜けるなど、まずまずの俊足。ただその割に、石川予選の5試合で盗塁は0個。積極的に、盗塁を仕掛けるようなタイプではないようです。

遊撃手としては、打球への反応、フットワーク、キャッチングという流れは非常に良い選手だと思います。ただ絶対的な地肩がないので、厳しい体勢からのスローイングになると送球を乱す弱さがあります。そういった意味では、将来的には二塁手あたりの方が適正が高いのかもしれません。

守備・走力共に、中の上レベルはある選手で、プロとは言わないまでも大学あたりでは、早くから実戦で起用される可能性は感じられます。

(打撃内容)

センターからレフト方向へ打ち返す打撃を身上としており、強烈に巻き込んで来る感じの打者ではありません。外の球を左方向へ、それがこの選手の打撃です。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで足を揃え、グリップの高さも平均的。腰の据わり・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスなども並で、特に可も不可もなしといった感じです。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

始動が遅いので、生粋の二番タイプだと考えられます。ボールを手元まで引きつけ、ポイントを遅らせて左方向へ。あとは、送りバントなどをキッチリこなせるようにしたいところ。

<足の運び> ☆☆☆

始動が遅い分、打てるタイミングは限られます。そのため狙い球をあらかじめ絞って、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。ただ踏み込んだ足元はブレないので、打ち損じは少ないでしょう。

ベース側にインステップしてくるので、外の球を強く意識したスタイル。ただ右打者の内角に食い込んで来る球筋には詰まりやすいので、左のアベレージヒッターには、あまりオススメできないステップです。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」の形は無理なく作れているのですが、少しグリップが奥に入り過ぎで、ヘッドの出がスムーズではありません。

バットは上から振り下ろし、かつヘッドを立ててスイング出来ています。そのためスイング軌道にロスはなく、最後まで綺麗に振り抜けています。ヘッドスピードやスイングの強さという意味では平均的で、更に木製バットを意識して、「鋭さ」「強さ」を追求して欲しいですね。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが小さいので、目線は殆ど動きません。そのためボールを狂いなく、追うことができます。身体の開きも我慢でき、軸足にも粘りを感じます。身体を上手く残して左方向に打てるのは、この軸足の使い方が上手いからでしょう。

(最後に)

走攻守すべてに中の上と言った感じでまとまりは感じますが、売りにできるものがありません。ただ試合感覚の良い選手で、実戦で力を発揮します。その野球センスの高さに「強さ」や「鋭さ」が備わってきた時は、非常に楽しみな選手。そうなれば大学での活躍のみならず、社会人などその上の世界も見えてくるのではないのでしょうか。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。