FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本 瞬(東海大甲府 2年)左翼手

Category : 選手レポート
山本 瞬(東海大甲府 2年)左翼 178/74 右/左

来年世代の野手の目玉・渡辺 諒 と共に、東海大甲府では強打で目立っていた存在です。2年生ながら、東海大甲府の3番打者として中軸を任され、甲子園では.571厘と好成績を残しました。

(第一印象)

私が見た成立学園戦を見る限り少しミートポイントが狂っていて、ヒットこそ出ましたがキッチリ捉えた打球ではなかったのが気になりました。ただその後の試合でも結果を残し、全国レベルでも通用する対応力を示せたことは大きな自信になったのではないのでしょうか。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.3秒前後と、高校生としても平均的。現状、足を売りにするプレースタイルではないように思います。

そのためか守備位置はレフトで、守備範囲はさほど広くないのかもしれません。キャッチング自体は、それほど下手には見えません。ただスローイングを見る限り、地肩も強くなく、その辺もポジションが左翼だった要因ではないかと思います。

現状、渡辺 諒 のように、守備・走塁でのアピールに欠け、いかに打撃で圧倒できるのかといった選手のようです。

(打撃内容)

前足を軽く引いて、グリップの高さも平均的。打席では、リラックスして構えられているのは良いと思います。始動は「早めの仕掛け」を採用するなど、かなりアベレージ色の強い打者。

<長所>

始動~着地までの「間」は取れているので、速球でも変化球でも合わせやすいタイプ。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角にも幅広く対応。踏み込んだ足元もブレないなど、外角へ低めの球にもついて行けます。緩急にも、コースにも対応しうる、幅の広い打撃ができます。

バットを上から振り下ろすなど、スイング軌道はコンパクト。バットの先端であるヘッドを立てながら振るので、ボールを捉えてからの軌道も悪くありません。

<課題>

打撃の準備である「トップ」を早めに作ることは出来ています。しかしながら「トップ」の位置から、更に一度バットを引く癖があり、それが余分の動作となっている気が致します。

(今後は)

ボールを捉えるセンスに関しては、技術的に高いものを持っています。ただ守備・走塁などを考えると、高校からプロとなると厳しいのではないのでしょうか。ただ対応力に関しては、渡辺 諒 よりも安定感のある打撃が期待できるかもしれません。今後もその成長ぶり、注目して行きたいですね。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。