FC2ブログ

宮里 泰悠(浦添商 3年)投手&右翼

Category : 選手レポート
宮里 泰悠(浦添商 3年)投手&右翼 177/80 右/右

投手としても、中々の好投手ぶりを甲子園で披露し注目を浴びた。しかし今回は、第一打席に、ドラフト上位候補と評判の 浜田達郎(愛工大名電)左腕から、左中間スタンドに入れた打撃の方に注目して取り上げてみたい。

(第一印象)

浜田達郎の外角一杯のストレートを、見事左中間スタンドに叩き込んだ打球は圧巻だった。投手としてのスケールはそれほど感じないが、チームの4番も務める打者としてのポテンシャルは、相当高いものを秘めているのではないかと思い、取り上げてみることに。

(守備・走塁面)

けして本気で走れば、バネも感じさせるし走力がない選手だとは思いません。しかし塁間を緩めて走っているので、一塁到達までに5秒以上の時間を要していました。沖縄予選の6試合でも、盗塁は0個。根本的に、走塁への意欲は感じられません。

普段の動きからみても、かなりの身体能力を秘めている印象は受けます。実際投手としても、140キロ前後の球を連発できるように、地肩も強いのでしょう。ただ内野手というきめ細やかさよりも、やっぱり外野で活きるタイプなのでしょうか。

守備に関しては、まだ未知の部分も多く、走者としては意欲が感じられません。こうなると、高い身体能力を秘めていても、評価をするのは難しい状況です。

(打撃内容)

技術的には、ほとんど教わっていないんだろうなというツッコミどころ満載のスイングです。ある意味、感覚のみでスイングしているのでしょう。

<構え> ☆☆☆

スクエアスタンスで足を揃え、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合、全体のバランス、両目で前を見据える姿勢なども平均的。打席でリズムを刻むこともなく、何処か脆い印象は否めません。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

投手の重心が下がりきった時に、ベース側につま先立ち。そこから、リリース直前に動き出すという「遅すぎる仕掛け」を採用。これでは、動作が後手後手になってしまい、打撃の弊害が山積みです。

<足の運び> ☆☆☆

足を上げてから下ろすまでの「間」がないので、あらかじめ狙い球を絞って、その球が来たら逃さない「鋭さ」が求められます。ただ愛工大名電戦でのその後の打席をみると、かなり出たとこ勝負のスイングをしているなという印象を受けました。

真っ直ぐ踏み出し、インパクトの際にもブレません。そのため右方向にも、大きな当たりが打てます。ただ踏み込んだ足の爪先は開いており、腰が早く逃げる弊害があります。外角でもスライダーのような、逃げて行く球に対してどうなのかな?という疑問は持ちます。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのは遅れていませんが、グリップが内に入り込んでいて、バットがスムーズに抜けて来ません。そのため、ポイントは後ろになるタイプだと考えられます。

バットは、今時珍しいぐらい遠回りを軌道します。あれでは、内角への捌きはキツイだろうなという印象は受けます。ボールを上手く捉えたときは、フォロースルーも生かしてボールを遠くに運びます。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げは小さく目線は安定し、身体の開きも我慢できています。少し軸足の形が、いびつにはなっているのがきになるところ。

(打撃のまとめ)

始動の遅さや、スイングの軌道などを見ていると、緩急への対応も脆く、打てるコースも限られる。かなり偶然の位置が重ならないと結果が伴わない、効率の悪いスイングをしています。それでも打ててしまったのは、高校生レベルだから。ただこれで結果が残せること自体、この選手の潜在能力の高さでもあります。

(最後に)

プレーを見る限り、彼の感性に任せて、マイペースで野球を取り組んできたんだなという印象を受けます。これから先の世界も見越しているのならば、やはり一度シッカリ指導してくれる野球環境に身を投じないと、このままで終わってしまうだろうなという印象は、投打のいずれの部分からも感じられます。これからの進路をどう選ぶかで、今後の人生も大いに変わってゆきそうです。

(2012年 夏)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント