スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山 良介(作新学院)捕手

Category : 選手レポート
高山 良介(作新学院 3年)捕手 178/80 右/右

(どんな選手?)

元々捕手もやっていましたが、選抜までは外野手として出場。しかし最後に夏に向けて、捕手として戻ってきました。彼の最大の売りは、関東を代表する強打。特に右の大物打ちの期待のかかる貴重な存在です。

(ディフェンス面)

捕手としては、テンポの良いリードを心がけます。特にボール一球一球の押し込みはよく、キャッチングは悪くありません。ミットを投手に示し、そのグラブを下にも下げないので、ワンバウンド処理にも対応。特に内角を積極的に使う、強気のリードに特徴があります。捕手としては、投手の気持ちを察する配慮型の捕手ではなく、オレについてこい的な捕手と言えるのではないのでしょうか。塁間1.85秒強ぐらいで到達する地肩の強さはあるのですが、コントロールに難がありスローイングの精度には課題を残します。将来的には、やはり打力を生かして外野手をすることになるのではないのでしょうか。

(打撃内容)

スクエアスタンスで足を揃え、グリップを高めに添えます。バリバリの強打者ですが、始動が遅かった春と比べる、早く動いて対応力をあげようという意識に変わりました。そのため現在は、ボールが上に上がるというよりは強烈な打球で野手の間を抜けてゆくタイプの強打者になりつつあります。またこの選手の特徴として、右方向にも強い打球を飛ばせる強味があります。

<長所>

始動が遅すぎる欠点を補うために、大幅に始動を早めました。そのため始動~着地までの「間」が作れるようになり、速球でも変化球でもタイミングが合わせられます。元々打球の方向には幅があるので、対応力は大きく変わったのではないのでしょうか。

<課題>

元々強打者の割に、スイングにロスがないのが、彼の良さでした。しかし今は、バットを寝せてボールを捉えるまでに、少し遠回りになった気が致します。また以前のような大きな弧やフォロースルーを生かしボールを遠くに運ぶ動作が薄れたことは、非常に残念です。

踏み込んだ足元が、早めに地面から離れるようになり、外や低めの球に対し早く開くようになってしまいました。

(今後は)

脆さを解消しようと、始動を早めたりしたことは悪くないと思います。ただスイングの豪快さや足元のブレが我慢できなくなったりと、元々持っていた良さが損なわれたのは残念です。結局始動を早めても、この部分のマイナスが生じては、プラス・マイナスゼロといった印象を受けます。

捕手としても、ちょっと上のレベルで捕手はなぁという印象は否めません。確かに打てる捕手でアピールというのは、プロへの大いなるアピールにはなると思いますが、スローイングにも課題を残しますし、打撃もプロとなると粗いなぁという印象は否めません。やはりここは、強豪大学などに進み、その世界で結果を残してからでも、プロ入りは遅くないでしょう。高卒プロには、まだ総合力で物足りないと判断致します。

(2012年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。