スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永浜 秀紀(千葉・専大松戸3年)遊撃

Category : 選手レポート
永浜 秀紀(千葉・専大松戸3年)遊撃 174/64 右/右

旧チームから、2番・遊撃手として出場。非常に守備・走塁の勘がよく、野球センスの高さを感じさせます。

(第一印象)

低めの難しい球を好んで振って来る傾向にあり、普通の選手が空振りするような球でも拾ってヒットにしてしまう膝の柔軟さが目立ちます。

(守備・走塁面)

遊撃手としても、非常に軽快で打球への一歩目の速さ、スピード感を感じさせます。地肩も基準レベルあり、上のレベルでも二遊間を意識できる素材ではないのでしょうか。

残念ながら一塁までの正確なタイムは計測できませんでしたが、隙あらば盗塁を決めるなど、足もかなり実戦的です。走・守共に、アピールできるだけのものを兼ね備えている気が致します。

(打撃内容)

低めの難しい球にも対応できるように、ミートセンスに優れた好打者です。

<長所>

前の足のカカトを浮かし、グリップを高めに添えて構えます。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスにも優れ、何よりアゴをグッと引いて打席での集中力を感じます。

真っ直ぐ踏み込んだ足下は、インパクトの際にブレずにスイング。そのため外角や低めの球にも、開きを我慢して対応できます。

<課題>

始動が遅すぎるために、一定レベル以上のキレや球速のある球に立ち後れることになるでしょう。始動が遅いのはともかく、トップは早めに作るように心がけるべきではないのでしょうか。バットを引くのが遅い気が致します。

スイングも、少し身体から離れて遠回りな気が致します。ただその分、ポイントを後ろに置いて、右方向への打球を意識しているようにも感じられました。もう少しロスのないスイング軌道を、たどれると好いのですが。

(最後に)

プレーの集中力・ボールに食らいつく姿勢などもよく、三拍子バランスの取れたプレーヤーです。ただ打撃に課題も多く、ここが最終学年で何処まで改善されているのか気になるところ。ただその高い野球センスを活かし、曲者としての存在感を示してくれるのではないかと期待しております。

(2011年夏 千葉大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【永浜 秀紀(千葉・専大松戸3年)遊撃】

永浜 秀紀(千葉・専大松戸3年)遊撃 174/64 右/右旧チームから、2番・遊撃手として出場。非常に守備・走塁の勘がよく、野球センスの高さを感じさせます。(第一印象)低
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。