FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤 亮二(神奈川・横浜創学館 旧3年)捕手

Category : 選手レポート
佐藤 亮二(神奈川・横浜創学館 旧3年)捕手 180/78 右/右

県下屈指の強肩捕手であり、打っても強烈な打球を誇り、走っても4.55秒前後(左打者換算で4.3秒前後)と、高校生としては、高い身体能力を持った選手でした。

(第一印象)

いかにも大型捕手という、存在感のある体つきでした。特に圧倒的な地肩で、相手を常に威圧するプレーヤーでした。

(ディフェンス面)

恵まれた体格なので、投手も安心して投げられます。ミットを示して、グラブを下に下げない構え。そのため低めの球への対応にも優れ、一球一球しっかりキャッチングできます。リードは、高めのつり球を活かした高低を活かしたリード。自慢の強肩を活かしたスローイングは、1.9秒前後をコンスタントに刻んできます。そのため相手チームも警戒して、なかなか盗塁を仕掛けてきませんでした。

(打撃内容)

体が強いので、打球は非常に球足が早いのが特徴。8番を打っていたのも、打撃が粗い部分はあったものの、守備を重視してのことだと思います。また始動の遅い、強打者らしい強打者でした。そのためツボにハマれば、長打力も期待できるタイプだったのでしょう。

<長所>

強打者らしく、軽くベース側にインステップして踏み込みます。その足元が、インパクトの際にブレないのが好いですね。打球の多くは、引っ張りにかかるので、右方向への打球も増えると打撃の幅が広がりそうです。

打撃の準備である「トップ」を作るのも遅くはないですし、バットの振り出しも上から無駄なくボールを叩けるのが魅力です。更に最後までシッカリ振り抜けるなど、上半身の使い方は悪くありません。

<課題>

始動~着地までの「間」がないので、どうしても打てるボールは限られます。狙いが外れると、中々対応するのが難しい「点」のスイングです。よほど甘い球を絞り込むセンスと、それを逃さない「鋭さ」がないのと、この打撃で率を残すのは厳しいでしょう。

結構動作が小さい割に、頭が動いてしまいます。そのため目線が安定せず、体も突っ込みやすい打ち方。せっかく始動が遅いのですから、ボールを自分のポイントまで引きつけて叩けると、もっと持ち味が発揮できそう。

(最後に)

打撃の脆さはありますが、タイミングのとり方と軸を崩さない打ち方を身に付けられたら、上半身・下半身の使い方は好いので、面白いとおもいます。打球も強いなど、肉体の資質にも恵まれています。

捕手としては、素晴らしい地肩を持っているので、捕ってから投げるまでの動作に鋭さが出てくれば、更に素晴らしいスローイングが期待できそう。ディフェンスの総合力はあるので、あとは打撃かと思います。今後もまた、何処かで成長した姿に出会いたい一人です。2011年度の、神奈川を代表する捕手でした。

(2011年夏 神奈川大会)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【佐藤 亮二(神奈川・横浜創学館 旧3年)捕手】

佐藤 亮二(神奈川・横浜創学館 旧3年)捕手 180/78 右/右県下屈指の強肩捕手であり、打っても強烈な打球を誇り、走っても4.55秒前後(左打者換算で4.3秒前後)と、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。