スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水上 卓也(神奈川・戸塚)投手

Category : 選手レポート
水上 卓也(神奈川・戸塚 旧3年)投手 176/70 右/右

春季大会で、選抜帰りに東海大相模を倒す金星をあげた立役者。2011年度の神奈川公立校の逸材として、話題になった投手です。少し小さめなテイクバックから、135キロぐらいのストレートと、カーブとのコンビネーションで投球を組み立てるオールドタイプ。

(第一印象)

中背でスケール感は感じないのですが、確かに公立高校の投手としては、中々好いものを持っていました。上手く展開がハマッテしまうと、強豪校が足下をすくわれてしまうのも、なんとなく頷かされる好投手です。

<長所>

グラブを最後まで内に抱えられ、足の甲の押しつけも深く、「球持ち」もけして悪くありません。そのため高い精度の制球力があるのかと思いきや、意外にボールがバラツキ、高めに集まりやすいのは何故でしょうか?一つは、膝小僧に土がついてしまうぐらい重心を沈め過ぎてしまい、かえってスパイクのエッジが使えず低めに抑え込むことができていないことに原因があると考えられます。指先の感覚を磨けば、土台は好いのでもっとボールを思い通りコントロールできそうです。

腕の振りも悪くないですので、もう少し「着地」までの粘りが作れるようになれば、好い変化球が投げられるようになるのではないのでしょうか。

<課題>

「着地」が早いせいもあり、身体の「開き」が早く、ボール出所が見やすい欠点があります。そのためコースを突いた球でも、球筋をいち早く見極められ、踏み込んで打たれることになります。

「着地」までの粘りの無さ、重心の沈み込み過ぎて「体重移動」が上手く出来ていません。そのためボールに上手くウエートが乗せられておらず、手元までグッと来るような質の良いボールが投げられません。

(今後は)

マウンド捌きははよく、試合を作るセンスはあります。そのため上手く乗って行けた時は、ポンポンとテンポよく相手を追い込んで行けます。ただ上のレベルを意識すると、ボールの威力、技術的な課題も多く、苦労することが予想されます。それをはねつけるだけの根性と、地道な努力ができるかで今後も変わって来るのではないのでしょうか。タイプ的にはプロというよりは、アマの好投手といった感じの選手です。更にここで伸びるようだと、社会人などでも、地味に活躍するような息の長い選手になりえるかもしれません今後の成り行き、密かに注目して行きたいと1人でした。

(2011年夏 神奈川大会)

スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【水上 卓也(神奈川・戸塚)投手】

水上 卓也(神奈川・戸塚 旧3年)投手 176/70 右/右春季大会で、選抜帰りに東海大相模を倒す金星をあげた立役者。2011年度の神奈川公立校の逸材として、話題になっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。