スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸 晃太郎(樹徳 旧3年)遊撃

Category : 選手レポート
根岸 晃太郎(樹徳 旧3年)遊撃 180/75 右/右

2011年度の群馬において、屈指の強打者と評判だった選手。3年春の大会では、12打点と打ちまくり、夏の大会では注目される存在でした。

(第一印象)

スクエアスタンスで、腰がグッと据わった安定感のある構え。それでいてグリップを動かし揺らいで、力みが感じさせません。特に、打席での高い集中力を感じさせるプレーには好感が持てました。

(守備・走塁面)

私が確認した夏の健大高崎戦の模様では、一度もボールを処理する場面がありませんでした。そのため守備に関してはよくわからず。更に一塁までの到達タイムも計る機会がなく、守備・走力共にわからず終いだったのは残念です。

(打撃内容)

始動は、投手がリリースを迎えてからと、極めて遅いタイミングで始動します。この試合では、一二塁間に一本ヒットを打ちましたが、四球や三振などよくわからない部分が多かったです。

<長所>

足の上げ下げが殆どないので、目線のブレは小さめ。更に外角の低めの球でも、なんとか「開き」を我慢して右方向への打撃を魅せるなど、ボールに食らいついて行くしぶとさを感じます。

<課題>

始動~着地までの「間」が殆どないので、狙い球が外れると対応できません。そのため上手く狙い通りの球が来れば好いのですが、そうじゃないと中々結果は残しずらい打ち方です。

始動が遅すぎるだけでなく、打撃の準備である「トップ」を作るのも遅れ気味です。それだけに一定レベル以上の球速・キレのある球には苦労しそう。更にバットの振り出しも少し遠回りなので、けして対応力が高い打者には見えません。

(今後は)

かなり自慢の打撃にも、課題が多く見られるフォーム。それだけに大学などに進んでも、スピード・キレに対応するのには、苦労するのではないのでしょうか。

守備・走塁に関してはよくわかりませんでしたので、いつか大学などで、その辺を確認できると嬉しいですね。ちょっとわからないことが多く、消化不良のレポートとなってしまいました。

(2011年夏 群馬大会)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【根岸 晃太郎(樹徳 旧3年)遊撃】

根岸 晃太郎(樹徳 旧3年)遊撃 180/75 右/右2011年度の群馬において、屈指の強打者と評判だった選手。3年春の大会では、12打点と打ちまくり、夏の大会では注目...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。