FC2ブログ

高橋 拓也(高知 明徳義塾1年)三塁

Category : 選手レポート
高橋 拓也(高知 明徳義塾1年)三塁 171/68 右/左

新チームから、6番・三塁手として出場。柔らかくロスのない打撃フォームは、すでに完成度の高い打撃技術を有している。けして大物打ちではないが、いかにも明徳の好選手といった感じがする。

(第一印象)

低めの球について行ける、柔軟な打撃が印象的。こと対応力ということに関しては、新チームの中で一番の素材ではないのだろうか。

(長所)

構えから、バランスが取れていて、余計な力みも感じません。理にかなった、良い構えだと思います。

動きが小さく、無駄な動作がほとんどありません。上半身も下半身も、技術的には完成しています。逆に、伸び代があまり残されていないのではないかと心配になります。

1年生ですが、三塁手としても安定しており、地肩も基準レベルにあります。三塁手にしてはスケールがないのが気になりますが、安心してい見ていられます。

(課題)

塁間を、4.35~4.5秒ぐらい到達に有し、走力がモノ足りません。好打者タイプだけに、走力でのアピールがないのは残念です。

好打者ですが、始動の遅いタイプです。二番あたりが元来適しているのかもしれませんが、送りバントの失敗や走力の無さを見るとどうなのでしょうか?

(将来に向けて)

更に上のレベルを意識すると、三塁以外のポジション、走塁でのアピールなどが欲しいところ。また打者としては、かなり完成度が高く、どのぐらい伸び代が残されているのかは微妙でしょう。

ただ高校球児として見るのならば、非常に良い選手だと思います。まだ1年生なので、これからどんどん全国の舞台で、その存在感を示して欲しいと思います。

(2011年 秋季四国大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント