FC2ブログ

坂田 純一(倉敷商 3年)中堅手

Category : 選手レポート
坂田 純一(倉敷商 3年)中堅 174/66 右/右

チームの3番・中堅手を務め、攻守の中心的な存在。インパクトの際にボールを押し込めるスイングと、強肩を生かした中堅守備が光ります。

(第一印象)

ボールを強く叩ける打撃だけでなく、強肩・俊足とバランスの取れたプレーヤーといった感じです。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間を4.55秒前後と、左打者に換算すると4.3秒ぐらいと、思った程の数字は出ませんでした。しかし選抜の作新学院戦では、第一打席にセーフティバントを決めるなど、足を生かすプレーを魅せます。新チーム結成以来の195打席で、盗塁は37個。これをプロの規定打席にあてはめると、1シーズン85個というペースになります。かなりの走力の持ち主であり、上のレベルでも足を売りにできる可能性があると言えるでしょう。

中堅手としては、当日は雨で芝生が濡れ、足を取られる場面が目立ちました。それでも球際で強いところを魅せ、ファインプレー。更に内野手への返球を見ると、地肩も基準以上のものがありそうです。

走力・地肩という身体能力に関しては、かなりものを秘めているのではないのでしょうか。それを更に、実戦で生かせる術を磨いて欲しいですね。

(打撃内容)

<長所>

真っ直ぐ踏み出した足下は、インパクトの際にブレません。そのためセンターから右方向にも、キッチリ打球を飛ばすことができます。

頭の動きが小さく、目線が大きく動きません。身体の開きも我慢できていますし、あとは身体が前に突っ込まないように注意すれば、軸は常に安定すると考えられます。新チーム結成以来の打率が4割を超えるように、安定した打撃が自慢です。

<課題>

始動が遅すぎるので、一定レベル以上の球速やキレのある球に対し、立ち後れる心配があります。その欠点を補うために、あらかじめトップの位置にグリップを添えておいて、そこから振り出します。

始動~着地までの「間」がないので、狙い球が外れると対応仕切れません。狙った球を逃さない「鋭さ」が求められます。

バットの振り出しが、インパクトまでやや遠回りです。それでも大きな弧を描き、フォロースルーまでキッチリ振り抜きます。

(最後に)

技術的には課題も感じますが、走攻守すべてにおいて、力を持っている選手です。そのバランスの良さを生かして、ぜひ大学などでの活躍も期待したいと思います。ただ三拍子バランスは取れていますが、かなり技術的には個性的であり、結果的に三拍子まとまるという特殊なタイプ。技術的にも改善されてくると、その将来非常に面白いと思います。

(2012年 選抜)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【坂田 純一(倉敷商 3年)中堅手】

坂田純一(倉敷商3年)中堅174/66右/右チームの3番・中堅手を務め、攻守の中心的な存在。インパクトの際にボールを押し込めるスイングと、強肩を生かした中堅守備が光ります。(第