FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆戸 駿(地球環境3年)投手

Category : 選手レポート
漆戸 駿(地球環境3年)投手 178/75 右/右

選抜では、評判通りMAX141キロのズシリと重いストレートで存在感を示した 漆戸 駿 。独特の小さなテイクバックから、100キロ前後のスローカーブとチェンジアップを交えた投球を披露した。

(第一印象)

球威と勢いを感じさせる、ボリューム感のあるストレートは本物。ただ腕の振りが明らかに緩むカーブを多投するが、これでは上のレベルでは使えない。この球の代わりをどうするのか?上のレベルでの投球が、心配される。

(長所)

グラブは最後まで内に抱えられているので、ボールはある程度両サイドに散らせます。「着地」に粘りがない割には、体の「開き」は隠せており、小さなテイクバックでボールを隠そうという意識も感じられます。

<課題>

最大の課題は、制球の粗さ。足の甲の押し付けが浅く、ボールが高めに上吊ります。更に「球持ち」も浅いので、指先の感覚が悪く、ボールが思い通りにコントロールできません。また足を引き上げて軸足一本で立った時も、膝がピンと真上に伸びて直立してしまい、膝にも力みが感じられるのも気になります。

「着地」までの粘りがないので、打者としてはタイミングが図りやすいのでしょう。そのためコースを突いた球でも、打者に早くボールが見極められ、打たれてしまうケースが目立ちます。

振り下ろした腕が体に絡まず、速球と変化球の違いが見極められてしまいます。体重移動も不十分で、充分にボールに体重が乗せられていません。そのため打者の手元まで球威こそあれ、空振りを誘うような伸びが生まれません。選抜の履正社戦でも、相手打線から三振が奪えませんでした。

(今後は)

ストレート自体には、大変興味深い球を投げます。しかし、それを活かす術に欠けており、今後は相当苦労するだろうなという予想もたちます。良い指導者・環境の元、地道に欠点を改善して行って欲しいですね。高校からプロは難しいと思いますが、選抜での投球で大学や社会人の関係者にも注目されたはず。個人的にも、少し長い目で見守って行きたい好素材でした。

(2012年 選抜)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。