FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田 峻(鳥取・鳥取中央育英 旧3年)投手

Category : 選手レポート
福田 峻(鳥取・鳥取中央育英 旧3年)投手 177/67 左/左

2年秋の秋季中国大会の時に、一度レポートしたことがある選手です。3年春は調子が悪かったようですが、最後の夏の模様が確認できたのレポート致します。左サイドハンドから、125キロ前後ぐらいだと思います。それに横手特有のスライダーやカーブを織り交ぜて、打たせて取るのが身上です。

(第一印象)

秋季大会の頃に比べると、ストレートに力強さが出てきました。特に左打者には背中越しに来るような感覚に陥る球筋を武器に、両サイドにボールを散らせて討ち取ります。

(長所)

左打者にとっては、非常に遠くに感じられる外角低めへのスライダーが光ります。この球が、この投手の最大の武器で空振りが奪えます。

またボールの出所が見難いのも、この投手の大いなる武器。「着地」するステップは非常に狭いのですが、なかなか足を降ろさないので、打者としては焦らされるなど、打ち難さを全面に出した技巧派です。

(課題)

グラブは内に抱えられているのですが、足の甲の地面の押しつけがつま先のみなので、どうしてもボールが高めに上吊ります。腕の軌道も身体の遠くを回旋し、ブンと振って投げるので「球持ち」が好いタイプではありません。球威・球速がありませんが、細かいコントロールがつく投げ方ではないのでしょう。

ステップが狭く、ほとんど体重移動が出来ていません。そのため球速がないだけでなく、ボールの勢いも打者の手元まで来ません。なんとか上半身を強く振ることで、ボールにキレを与えていますが、これでは物足りません。

(今後は)

右打者から痛打を浴びる場面も多く、現状は対左打者対策に起用することが求められるタイプ。そのため右打者に対する攻めを改善して行かないと、チャンスは広がって行かないでしょう。

ただ昨秋よりも、確実に球威・球速は増しました。また課題だったフィールディングや牽制などにも磨きがかかり、着実な成長を感じます。今後もこの勢いで、自分の可能性を追求して行って欲しいですね。

(2011年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。