スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本 翔大(敦賀気比3年)投手 

Category : 選手レポート
山本 翔大(敦賀気比3年)投手 175/65 左/左

母校の大先輩・内海 哲也(巨人)投手を二回りぐらい小さくしたような感じの投手で、左腕から繰り出すキレのある速球とカーブ・スライダーとのコンビネーションで三振の山を築く好投手です。

(第一印象)

神宮大会にも出場していた選手で、常時120キロ台後半~130キロ台中盤ぐらいのストレートは、昨秋から殆ど変わっていませんでした。一冬越えても球速、投球スタイルに大きな成長が感じられなかったのは残念です。

(長所)

マウンド捌きがよく、ピッチングができる投手です。「着地」までの粘りがなく体重移動ができていないのですが、鋭い上半身と腕の振りでキレのある球を生み出します。これで、打者の空振りを誘うことができています。

(課題)

グラブが最後まで抱えられず、足の甲も地面から浮いてしまうので、フォームが暴れてしまいます。秋よりも「球持ち」の良さが改善されつつあるものの、これではアバウトな制球を改善できません。選抜の浦和学院戦でも6つの四死球を与えました。

お尻が三塁側に落とせない上に、カーブなどの体を捻り出す球種も結構投げるので負担の大きなフォームです。更に腕の角度もつけてくるので、肩への負担も少なくありません。故障には日頃から充分注意して、取り組んで欲しいと思います。

「着地」までの粘りがないので、打者からはタイミングが合わされやすいです。また体の「開き」も早くなりがちで、どうしても球筋が早く見極められてしまい、甘くないコースの球まで踏み込んで打たれます。

(今後は)

かなり技術的には、課題が山積みです。まずは、制球を司る動作をしっかり行い、コントロールを安定させてみてはいかがでしょうか?

先輩の内海との違いは、似たようなフォームでも、ボールの出所が見難く、打者がワンテンポ差し込まれる特徴がありました。しかし彼には、そういったギャップを生み出す動作が充分ではありません。その割に制球が甘いという欠点が全面に出てしまいます。

キレの好い球質は彼の財産ですから、それを生かしつつ、課題の改善に取り組んで欲しいと思います。夏までの、更なる成長を期待してやみません。

(2012年 選抜)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。