FC2ブログ

森 友哉(大阪桐蔭 2年)捕手

Category : 選手レポート
森 友哉(大阪桐蔭 2年)捕手 171/80 右/左

選手層の厚さでは、全国屈指の大阪桐蔭。そのため下級生からスタメンで起用されるのは、よほど突出した能力がないと難しい。そんなチーム事情において、チームの1番・捕手という、重要な役割を任されているのが、この森 友哉 。私が観てきた大阪桐蔭の捕手の中でも、こと打撃に関してはNO.1の素材ではないかと評価する。

(第一印象)

大阪桐蔭らしい、小柄で俊敏の動きをする強肩捕手。ドラフトの目玉である大谷翔平の、序盤戦のストレートにシッカリ対応していたのは、大阪桐蔭の中でもこの森だけ。その打者としてのポテンシャルの高さは、相当なものがあるのではないのだろうか。身体は小さいが、その可能性は計り知れない。

(ディフェンス面)

先輩に物怖じすることなく、ポンポンとテンポの好いリードを心がけます。小さな身体をより小さく屈め、投手からは的をつけやすく、審判からは低めの球筋が少しでも見やすい体勢で構えます。ミットをズバッと構えて動かさず、そのグラブを下げません。何より素晴らしいのが、高校球界最高峰の球威・球速を誇る 藤浪晋太郎のストレートに対し、全くミットが負けないでボールを押し込めるキャッチングにあります。

打球への反応も素早く、次のプレーを想定してカバーリングにも素早く入ります。御山の大将やムラッ気の多い歴代の大阪桐蔭の捕手に比べると、リードもオーソドックスですし、プレーに雑なところがみられません。何より、投手への配慮を忘れないがいいですね。二塁までのスローイングも、1.8秒台後半と、捕ってからの動きもすでに基準以上。あとは、低めや落ちる球に対してのミットの出し方やボールの止め方など、そういった部分がしっかりできるようになれば、捕手としても充分プロを意識できます。大阪桐蔭の歴代捕手の中でも、打撃だけでなくディフェンス面でも、2年生ながらもっとも好感が持てるプレーヤーでした。

<長所>

スクエアスタンスで、バランス好く構えられています。特に打席での集中力も高く、甘い球も逃しません。しいて言えば、少し力が入りすぎているかなとも思えるのですが、打席ではレフト方向にも強く打ち返します。

早めに足を引き上げて始動するので、打てるタイミングのポイントを多く持っています。強打者らしくベース側にインステップした足下はブレませんので、外の球を無理なく左方向にはじき返します。あとは、内角が窮屈になるのを、いかに対処するかでしょう。

打撃の準備である「トップ」の作りは平均的ですが、バットの振り出しもよく、バットの先端であるヘッドを立てて、綺麗な軌道で最後までキッチリ振り抜けます。打球も鋭いですし、すでに打撃はドラフト級です。

足の上げ下げも静かなので、目線の動きも小さめ。身体の開きも我慢でき、軸足も地面から真っ直ぐ伸びて、軸回転で綺麗にスイングできています。打撃に関しては、ほとんどイジル部分がありません。

<課題>

特に現時点で、注文をつける部分がありません。これから多くの好い投手と対戦して、経験を積んで欲しいですね。方向性さえ間違えなければ、高校球界屈指の捕手の領域まで行くのではないのでしょうか。

(最後に)

個人的には、今すぐにでもドラフト指名して欲しいほどの選手。これからもう少し試合を観て行く中で、私自身も彼の課題を見つけることもあるでしょう。しかし緒戦の花巻東戦を観る限り、これほどの打撃能力を持った捕手がいるのかと正直驚かされました。

けして身体も大きくないですし、長距離打者ではありません。スカウト受けするようなタイプではありませんが、自分の足下を冷静にみつめ、身の丈にあったプレーを追求してください。新2年生としては、文句のつけようがありません。今大会一番の、衝撃になるのではないのでしょうか。

(2012年 選抜)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント