FC2ブログ

坂本 優太(高知高 1年)投手

Category : 選手レポート
坂本 優太(高知高 1年)投手 174/75 右/右

四国大会準優勝の、高知高校の1年生エース。MAX137キロの球速を誇り、選抜での活躍も期待される好投手。

(第一印象)

中背なのだけれども、球がビシッとミットに突き刺さる球筋の良さが素晴らしい。もう一人の逸材、市川 豪 に比べると、体格・球速では劣っているかもしれないが、現時点での球質・球筋という意味では、こちらが上だろう。選抜では、140キロ台も記録することが期待される楽しみな投手。素材型の市川と違い、こちらはエースらしくまとまりも兼ね備えている。

(長所)

腕がフィニッシュまでしっかり振り切れ、軸足に体重が乗せられているので、ミットまで勢いが落ちないのが魅力。そのため、本物のストレートを投げ込める。

マウンド捌き、マウンド度胸も良さそうで、細かい制球力がなくても、安心してみていられる投手。経験が、豊富なのだろう。

フォームにゆったり感があり、素材として奥行きを感じさせる。それでいて、力の入れ加減がわかっており、投手としてのセンスを感じる。

(課題)

ただそうとはいえ、まだ変化球の制球を中心に、制球はアバウト。四球で自滅することはないが、コースをきっちり投げ分けると言ったほどではない。時々甘い球も、まだ少なくない。

お尻が一塁側に落とせないわけではないのだが、やや甘い傾向にあり、変化球が手元で曲ってしまうことも多い。もう少し引き上げた足を、高い位置でピンと伸ばせたら、もっと変化球のキレ・制球も増しそうだ。

お尻が落とせない割に、結構カーブを多投して来る。更に腕の角度は、肩に負担がかかる投げ方なので、故障しないか心配ではある。日頃から、アフターケアには充分注意したい。

(将来に向けて)

1年生の秋にしては、非常にいい球を投げます。中背でスケール型ではありませんが、球威・球速は、まだまだ伸びるのではないのでしょうか。

変化球のブレーキ・曲がり自体は良いのですが、時々抜けたり、早く曲がり過ぎることが多いです。ストレートのバラツキや変化球の精度の低さを、今後いかに改善して行けるかでしょう。

体幹がしっかりしているので、素直にパワーアップして行けそうです。選抜では140キロ台、最後の夏には、150キロ近い球速も期待できるかもしれません。チームに市川というライバルがいて、更に来年は軟式の全国大会を制した投手が、高知高校には入学して来ると言います。そんな環境で、彼が今後どのように育ってゆくのか本当に楽しみです。

(2011年 秋季四国大会)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

Comment

非公開コメント