FC2ブログ

2018年度 神宮大会・高校の部1

Category : 選手レポート

東邦 VS 八戸学院光星

この試合で目を惹いたのが、東邦の4番を務める 熊田 任洋(2年)遊撃手。けして体格が大きなわけでもなく、長距離砲といった4番タイプではない。 しかしボールを捉える感性が独特で、甘く入ると迷いなく振り抜ける技術と勇気がある。ショートとしても打球への反応が鋭く、非常にダイナミックな動きができる。深いところからでも刺せる地肩もあり、攻守にスケールの大きさが感じられる。順調に一冬超えて選抜でアピールできれば、一気にドラフト候補として上位に位置づけられそうだ。

またチームメイトの 石川 昂弥(2年)投手は、すでに全国区の強打者。秋は背番号1をつけて投手としてマウンドに上っていた。大型サードとして世代を代表する存在の一人だが、投手に集中すると打者としての魅力が薄れるのは残念なところ。投手としてはコンスタントに135キロ~MAX142キロぐらいで、正直あまりセンスは感じられない。大型チームである東邦が来季上位を狙うのならば、石川を投手として起用させないぐらいのチームにならないとダメだろう。好守でもあり、将来性では断然大型内野手としての魅力が優先される。

光星の方では、3番を打つ 武岡 龍世(2年)遊撃手が目立った。インコースは窮屈なものの、高めの球には素直にバットが出てきて強い。センターバックスクリーンに本塁打を叩き込んだように、スラッガーではないがパンチ力もある。ショートとして平凡ではあるが、一冬超えてくれば逞しさも増しドラフト候補へ位置づけられて行く一人ではないのだろうか。

その他では、光星の4番・近藤 遼一(2年)一塁手も、ヘッドスピードが強烈な強打者。一塁手で動けなそうなイメージを持つが、右打席から4.3秒前後(左打者換算で4.05秒前後に相当)するなど、走力もそれなりのレベルにある。一冬超えて違うポジションを担うようになると、武岡以上に強打者の色彩が強く面白い存在になりそう。現状は一塁手でもあり、ドラフト候補というよりも有力大学などに進むタイプとの印象を受けた。

また石川の代わりに東邦のサードを守っていた5番打者の 長屋 陸渡(2年)も大型内野手として楽しみな存在。恵まれた体格からしっかりボールを呼び込み、ライト方向へきっちりはじき返すなど強打者としての片鱗を魅せてくれた。一塁までの塁間は4.4秒強(左打者換算で4.15秒に相当)するなどまずまず動ける選手で、三塁手としても悪くない。今後の成長次第では、石川や熊田に肉薄する存在になってゆくかもしれない。

熊田 任洋(東邦2年)遊撃 174/74 右/左
石川 昂弥(東邦2年)投手 185/85 右/右
長屋 陸渡(東邦2年)三塁 181/80 右/右

武岡 龍世(八戸学院光星2年)遊撃 178/70 右/左
近藤 遼一(八戸学院光星2年)一塁 175/88 右/右

龍谷大平安 VS 札幌大谷

札幌大谷先発・西原 健太(2年)右腕は、184/91 の恵まれた体格の大型右腕。球速こそ135キロ前後(MAXで139キロぐらいか)で、驚くような球速ではない。しかし腕をしっかり振れるので、球速以上に感じさせる勢いがある。変化球もカーブ・スライダー・チェンジアップなど一通りを操れる器用さもある。来夏ぐらいには、140キロ台中盤ぐらい球速が伸びてくても不思議ではない。現時点ではドラフト候補というレベルではないが、一冬超えた成長次第ではその仲間入りをしても不思議ではない。

龍谷大平安では、旧チームからレギュラーの 水谷 祥平(2年)右翼手の腕っぷしの強いスイングが目立った。上背はないがガッチリしており、バットを振れる4番打者。ライトからの肩も悪くはなさそうで、大学などに進んで野球を続けられる素材だった。

西原 健太(札幌大谷2年)投手 184/91 右/右

水谷 祥平(龍谷大平安2年)右翼 174/80 右/右

スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ