FC2ブログ

高島 翔太(常総学院2年)右翼手

Category : 未分類
高島 翔太(常総学院2年)右翼 177/77 右/左

旧チームでは、2番や下位打順を務めてました。特足で揺さぶったり、つないだりと、好打者タイプで強打よりも上手さが目立つタイプ。特に内角高めの球を、引っ張るのではなくレフト方向へ打ち返すバットコントロールには驚かされます。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.25秒前後と高校生としては俊足で、ドラフト候補としては平均レベル。夏の茨城予選では、6試合で2盗塁と、それなりに動ける選手であることがわかります。

観戦した試合では、殆ど打球が飛んで来ないので右翼手としてよくわかりませんでした。新チームでは、中堅手を任されているようですが、センバツではぜひチェックしてみたいポイント。

(打撃内容)

合わせる上手さはありますが、強く叩ける凄みはありません。そのためドラフト候補というよりは、大学進学タイプなのかなと思います。

<構え> ☆☆☆☆

前足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰の据わり・両目で前を見据える姿勢・全体のバランスも良く、構えとしては良いと思います。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

始動は遅すぎる仕掛けで、打てるポイントは限られます。ここまで遅い始動だと、一定レベル以上の球威・球速に差し込まれるので、よほどのヘッドスピードや筋力が求められますが、彼はそういったタイプではないのが気になるところ。極めて甘い球を逃さない「鋭さ」も、求められます。

<足の運び> ☆☆☆

足を殆ど上げることなく、真っ直ぐ踏み込みます。始動~着地までの「間」がないので、狙いすました一点の球を打ち損じない打撃が求められます。真っ直ぐ踏み込むように、内角でも外角でも対応したいタイプ。踏み込んだ足元はインパクトの際にブレないので、外角や低めの球にはシッカリ対応できます。コースへの対応は幅広い打撃に、緩急の揺さぶりが課題ではないのでしょうか。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」はそれなりに遅れずに作ることができ、バットの振り出しも寝せながらも、ヘッドが下がらないように振り切れています。特にスイングに、大きな癖はありません。合わせる技術はあるのですが、強く叩く力感がないのが、これからの課題だと言えそうです。

<軸> ☆☆☆☆

足の上げ下げが殆どないので、目線は安定。体の開きも我慢でき、軸足も安定しています。軸は、安定したままスイングできています。

(最後に)

守備はよくわからなかったのですが、走力はそれなり。打撃も強く叩けなかったり始動が遅すぎる点を除けば、技術的には悪くありません。センバツでアピールして、有力大学への進学を決定づけて欲しいと思います。

(2012年 夏)
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

黄本 創星(木更津総合 3年)投手

Category : 未分類
黄本 創星(木更津総合 3年)投手 182/88 右/右

春季千葉大会で、木更津総合の試合を観ましたが、残念ながらその時は投げませんでした。中学時代から注目されてきた才能の持ち主で、恵まれた体格から常時130~135キロぐらいのストレートに、スライダー・チェンジアップ・ツーシームなどを織り交ぜてきます。

(第一印象)

少しもっさりした感じの投手で、何かベテラン投手が投げているような感じで、ゆったりとマイペースで投げ込んできます。ただボールには球威があり、一冬越えた成長が期待されました。ただこの春の登板の話しを聞く限り、こちらが思い描くような成長は遂げていないようです。

<長所>

この選手の素晴らしいのは、「球持ち」の良さにあります。ボールを、高校生しては稀なぐらい前で放せています。グラブも内に抱えられ高い精度の制球力が期待されるのですが、足の甲の地面への押しつけができず足が地面から浮いてしまっているのが残念です。そのため、細かい制球力があるようには見えませんでした。

<課題>

「着地」までの粘りがもう一つで、身体の「開き」も早くありません。そのため打者からは、合わせやすいフォームなのではないのでしょうか。

腕は振れているのですが、「体重移動」には課題を残します。球威のある重い球は投げられるのですが、ボールの伸びや勢いは、それほどでもありません。上手くボールに、体重が乗せられるようになるといいですね。

(今後は)

2012年度の千葉を代表する投手として、夏にはぜひその勇姿を確認したいものです。ただ高校からプロに行くような、そこまでのスケールは感じません。才能はあるのでしょうが、怪我などで思い通りの成長が遂げられていないようです。夏にはぜひ万全の状態で、有終の美を飾って欲しいと期待します。

(2011年夏 千葉大会)

中尾 茂喜(和歌山・箕島3年)中堅

Category : 未分類
中尾 茂喜(和歌山・箕島3年)中堅 174/78 左/左

一年生の時は、投手としてベンチ入りしていた選手のようです。2年生の時に外野にコンバートされ、春の近畿大会でも活躍した選手。最後の夏は、3番・中堅手として出場し、センター方向中心に鋭くはじき返します。

(第一印象)

上背はないのですが、太ももの太さにビックリしました。ミートポイントも的確でボールを捉えるセンスも兼ね備え、センス+力強さを兼ね備えた好選手。

(長所)

前足を引いて、グリップを少し下げ気味に構えます。腰が非常にしっかり据わった構えで、アゴをグッと引いた構えからは集中力が感じられ、両目でしっかり前も見据えられており、バランスも取れています。適度な緊張感の中にも、リラックスも忘れない非常に良い構えが出来ています。

走力はハッキリ確認できませんでしたが、ボールへの落下点までの入り方もよく、動きに迷いがありません。また返球もまずまずのものがあり、投手をやっていたということからも、肩の強さが感じられます。

踏み込んだ足下もブレませんし、トップを早めに作りながら振り出しもよく、目線もブレない非常に良い形で打てています。本当にスイングに欠点らしい欠点がなく、もう少しヘッドを立てて打てれば申し分がありません。技術的には、ほとんど完成しています。あとは、更に「鋭さ」「強さ」を追求して行ければ、上のレベルでも順応できると思います。

(課題)

欠点らしい欠点はないのですが、しいて言えば左の好打者なだけに、走力とかがあると好いですね。走力はよくわからない部分もあったのですが、何か図抜けた特徴が欲しいところ。

(今後は)

レベル的には、上のレベルでも充分やって行ける技術があります。ぜひ志しを高く持って、レベルの高いところで野球を続けて欲しいと願います。段階踏んで経験を積んで行けば、かなりのレベルまで期待できるのではないのでしょうか。自分の可能性を信じて、精進を続けて欲しい好選手でした。

(2011年夏 和歌山大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

畠山 啓太(高知・宿毛2年)投手

Category : 未分類
畠山 啓太(高知・宿毛2年)投手 179/70 右/右

2012年度世代において、高知で最も速い球を投げ込む投手。均整の取れた体格から、常時130キロ台後半~MAX140キロを記録。来年の高知を代表する投手という位置づけを越え、ドラフト候補としても注目されそうな素材。同校では、2000年に横浜ベイスターズに4位指名された 東 和政 投手以来の逸材と言えよう。

(第一印象)

東は、アーム式のスリークオーターだったのに比べると、畠山はオーソドックスな右本格派。ただまだ基礎体力・基礎技術は不足しているようで、長いイニングはあんまり投げられないようだった。私が観戦した高知高校戦では、あらかじめリレーが前提であり、いけるところまで行くといった感じで先発していた。

(長所)

すでに正真正銘140キロを記録するなど、スピード能力は確かなものがあります。まだまだ体は出来ていませんが、投球フォームの土台は悪くありません。夏までに、どのぐらいの投手に育つか楽しみです。

右打者には大雑把ですが両サイドに投げ分けられますし、左打者にも四球で自滅するといったほどの荒々しさはありません。縦に割れるカーブが低めに決まり、緩急をつけたり、カウントを整えたりできています。

クィックは、1.0秒前後と、極めて速く投げ込めます。ただ上手く牽制を入れたり、間合いを図ったりとか、そういった部分には、まだまだ物足りません。

(課題)

特に左打者の外角に、ボールが高めに抜けてしまいます。ボールの勢いが落ちてくると、この辺の球が狙い打たれそうです。

お尻が一塁側に落とせない上に、着地までの粘りもそれほどではありません。そのため将来的に、投球の幅をいかに広げてゆくのかが課題ではないのでしょうか。

振り下ろした腕が体に絡んでこないように、「球持ち」がもう一つです。その辺が指先の感覚の悪さや粘っこい投球に欠ける要因かもしれません。

(将来に向けて)

すでに130キロ台後半~140キロぐらいを連発できますから、夏までには常時140キロ台~中盤ぐらいまでは期待したいところ。ただ攻めのバリエーション・投球術・制球力など総合力では発展途上。

そういった意味では、高校からプロに行く素材なのか?と言われると微妙です。今後爆発的に伸びれば充分可能性があると思いますが、彼が本格化するのは大学や社会人などに進んでからではないのでしょうか。

それでも四国ではトップクラスの球速の持ち主だけに、ぜひ覚えておいて損はなさそうです。最終学年の成長ぶり、ぜひ見てみたいですね。

(2011年夏 高知大会)

田川 賢吾(高知・高知中央2年)投手

Category : 未分類
田川 賢吾(高知・高知中央2年)投手 186/73 右/左

まだ線は細いのだが、コンスタントに130キロ台~MAX136キロを記録した右の本格派。高知の来年世代で、唯一ドラフト候補になり得る投手かもしれない。また投球だけでなく打撃の資質も持っており、高校時代の北篤(小松工-横浜1位)になんとなく似ている。むしろ野球への向かう姿勢や投手としてのセンスは、北よりも上かもしれない。

(第一印象)

いわゆる、スジがいい投手。手足の長い投手体型・バランスの取れた投球フォーム、球筋の好いストレートなど、センスの良さを感じさせる。

(長所)

スーと糸を引くような球筋がよく、ボールをしっかり手元で切れるリリースなのが魅力。カーブでしっかりカウントを整えることができ、スライダーを織り交ぜるコンビネーションピッチャー。

お尻が一塁側に落とせるフォームなので、もう少し「着地」までの粘りが作れれば、縦の変化球なども無理せず投げられるなど、将来的にも投球の幅を広げられそう。

腕も振り、球持ち・体重移動なども素晴らしく、少し特殊なメカニズムではあるが、将来的にも期待が持てる投球をフォームをしている。そういった将来性だけでなく、投手としてのセンスの良さ、野球人としての意識も高さも感じられる。

(課題)

体幹の馬力が足りないので、一冬越えて爆発的に伸びるかと言われると微妙で、大学などに進んで緩やかな成長を遂げるタイプかもしれません。

腕を真後ろから真上を軌道するなど、独特の振り下ろしの腕の振りであり、肩への負担はどうなのかな?という印象は受ける。今まで殆ど観たことのないタイプなので、ちょっとその辺がどうでるか私にもわからない。

現状は、ポンポンとテンポよく自分の優位な状況を作れているが、まだまだボールがバラついてリリースが定まっていない。グラブは体の近くにはあるが、もう少し暴れないように内でしっかり最後まで抱えたい。

(将来に向けて)

何人もプロ野球界に選手を送り込んでいる監督さんの元なので、段階を踏んだ指導をされると期待している。ただ現状は高校からプロにゆくというよりは、大学などを経て才能が徐々に開花してゆくタイプなのかなと思っている。ただ来春の高知において、ドラフト候補と呼べる投手は、彼だけかもしれない(再来年は豊作だが)。それでも高校野球ファン・アマチュア野球ファンなどの方々には、ぜひその成長を注視して頂きたい!

(2011年 秋季高知大会)