河野 成季(徳島・鳴門渦潮3年)投手

Category : 選手レポート
河野 成季(徳島・鳴門渦潮3年)投手 178/74 左/左

コンパクトな腕の振りから、キレの良い球を武器にするサウスポー。この夏には、チームを甲子園に導いた。またプロ野球ドラフト会議に向け、プロ志望届を提出し注目されている。



(投球内容)

球速は130~135キロ程度と驚くような球威・球速はないものの、打者の空振りを誘えるボールのキレが身上。スライダーとのコンビネーションで投球を組み立てマウンド捌きの良さが魅力。

 課題は、ストライクゾーン内のコントロールがアバウトで、結構甘い球も少なくない。特にスライダーが高めに抜けたりすることも多く、投球に繊細さが足りない。もう少し低めに切れ込むスライダーを上手く使い、追い込んだらここで空振りが取れるのだという確固たるものが欲しい。

(投球フォーム)

<長所>

球の出どころがわかりずらく、ボールが見えてから瞬時にボールが到達する感じ。そのため打者は、どうしても振り遅れやすい。

<課題>

どの動作も詰めが甘く、きっちり行えていないのが残念。グラブを最後まで内で抱えておくとか、腕が体に巻き付くような「球持ち」の良さを意識するとか、1つ1つの動作の粘りが足りない。もう少し動作の意味を噛み締めて、深く探求することで投球内容はどんどん良くなるはず。

(将来に向けて)

 高校からプロとなると現状厳しい状況だと思うが、独立リーグなどを経て数年後を見据えて足元を固めて欲しい。実戦派サウスポーとして、プロで即戦力になるようなサウスポーに育って頂きたい。

(2017年 夏)
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

河端 優馬(高岡商3年)投手

Category : 選手レポート
                 河端 優馬(高岡商3年)投手 185/79 右/左






                           「失敗は取り戻せた」





私事ではあるのだが、今年の春季北信越大会において、高岡商の試合をアルペンスタジアムで観戦。しかし桃山球場にお目当ての試合があるので、試合中盤で会場をあとにした。そのときにブルペンで投げていた 河端 優馬 の投球を見ながら、プロ云々の投手ではないなと思い球場を出てきたのである。

しかし翌日の新聞を読むと、プロのスカウトも注目しこの試合でも140キロ台を連発していたというのだ。河端がマウンドにあがったのは、私が会場をあとにした直後。もう少し、桃山までの移動を遅らせれば良かったと後悔した。幸いのことに夏の富山大会では決勝まで勝ち上がり、その勇姿を映像で確認することができた。その一方で桃山球場でチェックした、プロ注目の右腕・西田 大起(富山国際大附)投手は、テレビ中継前に敗れてしまった。結果的に見れば、この判断は正しかったこととなった。

(投球内容)

ブルペンでの投球を見た印象の通り、河端投手は非常にオーソドックスなタイプの投手。何か高校からプロに入るような、訴えかけて来るものがある投手ではない。

ストレート 常時135~140キロ台前半ぐらいか

夏の準決勝・富山第一戦の投球を見る限り、先発では常時135~速い球で140キロを越えるぐらいかなという感じだった。ボール自体にそれほどキレや威圧感はないが、両サイドに散らすコントロールは持っている。ただしストレートも含めて、ボール全体が高いのは気になった。

変化球 カーブ・スライダー・チェンジアップ

変化球の殆どは、スライダーとのコンビネーション。たまに、カーブにチェンジアップらしきボールを混ぜて来る。絶対的な球種はないが、ストレートとのコンビネーションで討ち取って来る。

その他

牽制はかなり鋭く、走者としてはスタートが切り難い。クィックも1.1秒前後とまずまずで、中々盗塁を決めるのは厳しそう。

(投球のまとめ)

適度に投球ができるまとまりがあり、大崩れしない総合力を持っている。恵まれた体格から、140キロ台のボールを投げ込むということでプロも注目したということだが、見た感じドラフト候補という匂いはしてこない。ただし総合力はあるので、大学などで全体的にパワーアップ・力量を向上させることができれば、将来的にドラフト候補になってきても不思議ではないだろう。プロ志望届けは、提出しないようだ。

(投球フォーム)

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を地面に向けて伸ばしているが、もう少し高い位置で伸ばせば一塁側に落とせそう。現状は落としが甘いので、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化には適していない。

それでも「着地」までの粘りも平均的で、けして早すぎることはない。将来的に武器になるような変化球を習得するためには、もう少し「着地」を意識して、体を捻り出す時間を確保すべきではないのだろうか。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは比較的体の近くにあるので、両サイドの投げ分けはまずまず。しかし足の甲での地面への押し付けは遅く、ボールが上吊りやすい。「球持ち」も発展途上なので、現状はコースを突けてもボールが高めに甘く入る傾向が強い。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻の落としに甘さは残るものの、カーブをそれほど使って来ないし、フォークのような縦に大きく落ちる球も見られない。そういった意味では、肘への負担は少なそう。

振り下ろす腕の角度には無理がなく、肩を痛める可能性は低い。それほど力投派でもないので、故障の可能性は低いのではないのだろうか。しかし1年生の時に膝を手術しており、そこが一つ心配の種になる。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは平均的で、体の「開き」も並ぐらい。特に合わせ難いわけでも、打ちやすいわけでもない。

思ったほど振り下ろした腕が体に絡んで来ないので、もっと強く腕を振れるようになりたい。腕が触れればストレートだけでなく、速球と変化球の見極めも困難に。より、変化球を上手く活かせるようになるはず。

足の甲の地面への押し付けが遅れるように、ボールに充分ウエートが乗る前にリリースを迎えている。この辺が、打者の手元まで来るような、自己主張の激しいボールを投げられない理由ではないのだろうか。まだまだ、投球やボールが大人しすぎる。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の観点から見ても、「体重移動」に課題を残し、あとの部分も平均的と特筆すべき点がない。

お尻が落とせないのはそれほど問題ないが、過去に膝を痛めているのは気になる材料。コントロールを司る動作も、球筋が高めに甘く浮く点を改善したい。

(最後に)

適度なまとまりを持っているものの、プロを考えると突出した特徴がないのが気になるところ。今後大学などに進学して、
自分の色を出してゆくか、投球全体の総合力を高めるかが求められる。今後どんな選手に育つのかイメージは描き難いが、有力な大学には進むはず。今後も、その成長を気にして追いかけてみたい。

(2014年夏 富山大会)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

藤嶋 健人(東邦・1年)投手

Category : 選手レポート
                藤嶋 健人(東邦・1年)投手 176/75 右/右





                     「2年後はどうなっているのだろう?」





1年生離れした堂々としたマウンド捌き、一球ごとに奇声を発して投げ込む気迫溢れるピッチングスタイル。名門・東邦高校の主戦として、甲子園を大いに沸かせた一年生右腕。果たして最終学年までに、どのぐらいの投手に育つのだろうか?

(投球内容)

けして粗粗しい素材型ではなく、かなり中学時代から高いレベルで揉まれてきたんだろうなというのが想像できるほど、しっかりした投球を魅せる投手です。むしろスケールで魅了するタイプではなく、すでにある程度完成された総合力を感じます。スカウトによっては、将来は野手として考えた方が好いのではないかという意見さえ飛び出しました。

ストレート 常時140キロ前後~MAX144キロ

1年生としては破格の、常時140キロ台の球速以上に驚かされるのは、ズシリと非常に球威のある球を投げ込んで来るということ。すでにそのボールの厚みは、ドラフト候補の匂いすら漂わせます。更にそのボールを、両サイドに投げ分けるコントロールもあり、ストレートのコマンド能力はかなり高いと言えるでしょう。ただしフォームが合わせやすいのか?右打者外角に浮くストレートを、簡単に合わせられるボールの見やすさがあるのが課題でしょうか。

変化球 カーブ・スライダー

変化球は、ブレーキの効いたカーブと、横滑りするスライダーとのコンビネーション。特に打者が一巡する頃には、変化球中心で投球に組み替えるなど、ある程度いろいろな投球パターンができる引き出しを持っています。カーブが時々高めに抜けることはありますが、おおよそ外角に変化球もコントロールできます。打者を仕留めるほどの威力はありませんが、コンビネーションの中に、上手く変化球を溶け込ますことが出来ています。

その他

牽制も適度に鋭いものを入れることで、走者の足を警戒。クィックも1.1秒台で投げ込めるなど、すでに基準レベルに到達。フィールディングにも大きな欠点はなく、投球以外の部分にも問題がありません。

マウンド捌きは堂々としていますし、変化球を交えた投球術にも違和感はありません。

(投球のまとめ)

ただ気合だけで相手を圧倒するのではなく、それに見合わっただけのボールの威力・投球術・制球力を兼ね備えており、投手としての総合力はかなり高いレベルにあります。すでに強豪校のエース級の力はあり、ここから更に上積みが見込めるようであれば、ドラフト候補として今後注目されることになるでしょう。



(投球フォーム)

ではこここからは、投球フォームを分析して、今後の将来像を模索したいと思います。

<広がる可能性> ☆☆

引き上げた足は地面に向けて伸ばすので、お尻はそれほど一塁側には落ちません。そのため体を捻り出すスペースは充分ではなく、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に大きく落ちる球種には適しません。しかしその割には、カーブを結構使ってきます。

「着地」までの粘りは平均的で、それほど体を捻り出す時間は確保出来ていません。今後の課題としては、変化球のキレ・曲がりという部分において、武器になるほどの球が習得できるのかには疑問が残ります。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは最後まで体の近くで抱えられているので、両サイドの投げ分けは安定しやすいはず。実際の投球でも、両サイドへの投げ分けは悪くありません。

ただし足の甲での地面への押し付けが浮いてしまっていて、浮き上がろうとする力を押さえ込めません。そのため力を入れて投げると、ボールが高めに浮いてしまう傾向にあります。実際の投球においても、高めに甘く入った球を痛打される場面が目立ちました。「球持ち」も平均的で、指先の感覚も並でしょうか。

<故障のリスク> ☆☆

お尻が落とせないフォームなので、体を捻り出して投げるカーブやフォークといった球種を多く投げるようだと、肘への負担は少なくありません。カーブを多く投げる投手なので、その点では心配。

振り下ろす腕の角度がある投手の割りに、腕の送り出しには無理を感じません。そういった意味では、肩への負担はそれほど大きくはなさそう。結構力投派のところもあるので、肘の故障には注意。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りがそれほどでもなく、体の「開き」もやや早くなっています。その辺が、コースを突いた球でも苦になくはじき返されてしまう要因ではないかと考えられます。

腕を強く振れるので、速球と変化球の見極めは困難。足の甲で地面を押し付けられないので、まだ充分下半身の体重移動ができず、打者の手元までの勢いが物足りません。これに「球持ち」もよくしてバックスピンもかけられるようになると、伸びるのある球質が実現できるはず。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」こそ並ですが、ややあとの部分は物足りません。残りの2年間で、いかに実戦的なものに高められるかが求められます。

肘への不安ががあるフォームであり、高めに浮く球筋にも疑問が残ります。そういった意味では、今後伸び悩む要素は少なくありません。

(最後に)

1年生としては破格の総合力を持つものの、現状に満足して努力を怠ると、伸び悩んで期待ほどではなく終わる可能性も少なくありません。それだけに、どれだけ課題と謙虚に向き合い、それを改善してゆくのかが求められます。

体には馬力も感じますし、今後も努力を続けてゆけば、相当なレベルまで到達する可能性も秘めています。まさにこの秋~春までの取り組みが、今後の野球人生を決定づける、そう言ってもも過言ではないでしょう。果たして、今度遭うときはどのぐらいの投手に成長しているのか、楽しみにしてその時を待ちたいと思います。

(2014年夏 甲子園)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

横川 楓薫(日南学園3年)投手

Category : 選手レポート
                横川 楓薫(日南学園3年)投手 178/77 左/左





                         「甲子園では残念だった。」





夏の甲子園・東邦高校戦では、先発するもあっという間に降板。宮崎屈指のサウスポーの実力を示すことなく、甲子園をあとにした。私自身は、春の宮崎招待試合で、この選手の投球を確認。日南学園の先輩であり、甲子園でも活躍した 古市 賢助(JFE東日本)左腕に、近い力量があるのではないかと期待していた。実際に春の時点では、スカウトもマークしていたという情報もあったし、ビデオに収めていたのを目の当たりしていた。

(投球内容)

先輩の古市が少し癖のあるフォームをしていたのに比べると、この横川はオーソドックスなサウスポーといった感じは致します。それゆえ、特徴に欠けるきらいはありました。

ストレート 常時120キロ台後半~MAX135キロ

残念ながら球威・球速という意味では、ドラフト候補という匂いはしてきません。ボールはストライクゾーンの枠の中には集められるものの、あまり細かいコースの投げ分けが出来なかったり、高めに浮くことも少なくありません。宮崎予選でも、23回1/3イニングで9四死球と、イニングの1/3以上のペースで四死球を出しており、結構アバウトであるのがわかります。

変化球 スライダー・チェンジアップ

元来左打者相手に武器にしたい、逃げてゆくスライダーを甲子園では痛打されたのが痛かった。その最大の理由は、スライダーが高めに甘く入ってきたから。またチェンジアップも、現状それほど大きなウエートは占めていない。

それでも予選では、23回1/3イニングで24個の三振を奪うなど、イニング数以上のペースでは三振が取れている。

その他

牽制はそれなりに出来るものの、クィックは、1.2~1.35秒ぐらいとやや遅い。左投手故に、一塁ランナーはスタートが切り難いものの、フォームが盗まれると盗塁を決められる可能性は高い。

(投球のまとめ)

ボールの力、細かいコントロール・変化球のキレや精度、クィックなどなど、まだまだ投手としての総合力には課題を残す。ドラフト候補というよりは、典型的な大学タイプ。いかに今後、大学などで総合力を高められるかだろう。マウンド捌きが好いゲームメイクできる左腕だけに、大学関係者からは評価されそうなタイプだった。

(投球フォーム)

<広がる可能性> ☆☆

引き上げた足は地面に向けて伸ばすので、お尻は三塁側(左投手の場合は)に落とせません。そういった意味では、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化には適しません。

「着地」までの粘りは平均的、体を捻り出す時間も並。そのため変化球のキレ・精度も、打者の空振りをとれるような絶対的なものがありません。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは内に抱えられているものの、最後後ろに流れ気味。足の甲での地面への押し付けは浅く、ボールyが上吊ってしまいます。「球持ち」は好いように見えますが、現状の細かいコントロールはありません。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻は落とせないフォームですが、カーブやフォークといった、体をひねり出して投げるボールはなく、肘を痛める心配は少なそう。

振り下ろす腕の角度にも無理はなく、肩への負担も少ないはず。そういった意味では、故障の可能性は低いのではないのでしょうか。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは平均的で、体の「開き」も並ぐらい。そういった意味では、合わされやすいフォームでもなければ、それほどタイミングを狂わせられるフォームでもありません。

腕の振りも弱いので、体にはあるある程度絡みますが、変化球を振ってくれ難いのでは?ボールへの体重乗せは並ぐらいですが、まだまだボール自体が弱い気が致します。

(最後に)

とにかく総合的にすべての部分でレベルアップが必要で、まだまだといった感じは否めません。それでもゲームメイクできるセンスはありますし、実戦派への変貌は期待したくなる投手。大学などで課題が克服できるようになると、将来楽しみな存在になるのではないのでしょうか。ただしもう少しそれには、時間がかかりそうです。

(2014年夏 甲子園)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

中川 圭太(PL学園3年)二塁手

Category : 選手レポート
                 中川 圭太(PL学園3年)二塁 180/75 右/右





                         「正直よくわからなかった」





この夏の大阪府大会準決勝・関大北陽戦の模様をみた。しかし私には、この選手の力量がこの試合だけでは正直図りかねている。中学時代は、U-16 の世界選手権の日本代表メンバー。監督不在のPL学園を、大阪大会決勝まで導いた最大の功労者は、間違いなくキャプテンを務めたこの男の力。今年のPL学園は、実にキッチリした好チームだった。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、右打席から4.3秒強。これを左打者に換算すれば、4.05秒強ぐらいだから、プロに混ぜても中の上レベルの俊足であることがわかる。実際プレーを見ていても、かなり動ける選手との印象は受けた。

最もわからなかったのは、セカンド守備。この関大北陽戦では、まともなセカンドゴロを捌く機会がなかった。しかしフライ追う動きを見るかぎり、守備が下手な選手には見えなかった。そこで動画で春の大阪桐蔭戦の模様も見たが、そのときは丁寧にプレーしようという姿勢は感じられたものの、格別上手いようには見えなかった。特にこれだけ突出した存在なのに、チームでシュートではなくセカンドを守っていたのは、あまり地肩が強くなかったからではないのだろうか?この時のプレーを見ると、難しい体勢からの返球に弱さを露呈していた。そう考えると上のレベルでセカンドを担えるかは、かなり微妙なラインではないのだろうか。元々1年秋に試合に出始めた時も、ファーストだった選手。



(打撃内容)

一年秋の公式戦登場から、コンスタントに結果を残し続けてきた。生粋のスラッガーではないが、広角に打ち分ける中距離ヒッター、そんな印象を受ける。

<構え> ☆☆☆

前の足を軽く引いて、グリップは高めに添えます。腰の据わり具合・全体のバランスとしては並ですが、両目で前をしっかり見据えられており、体を動かしてタイミングを図ります。

<仕掛け> 早めの仕掛け

投手の重心が下る段階で、足を引き上げて来る「早めの仕掛け」。これは、典型的なアベレージヒッターが多く採用する打ち方で、本質的には対応力重視の打者であることがわかります。

<足の運び> ☆☆☆☆

始動~着地までの「間」は取れており、速球でも変化球でもスピードの変化には対応しやすいはず。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいという、幅の広い打撃が持ち味。踏み込んだ足元もブレないなど、外角の厳しい球や低めの球にも喰らいつくことができます。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」は早めに作りるので、速い球に立ち遅れる心配はありません。しかしアベレージヒッターの割には、インサイド・アウトのスイング軌道ではなく、少し遠回りなのが気になります。バットの先端であるヘッドも少し下がるので、大きな弧は描きますが内からバットが出て来ず、木製バットへの順応には苦労するかもしれません。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げはあるので、目線の上下の動きは並ぐらい。体の開きは我慢出来ていますが、軸足の形としては平均的でしょうか。

(最後に)

監督不在の中チームをまとめ、秋は大阪大会優勝。最後の夏には、チームを大阪大会決勝まで導いた。このチームは、実に基本に忠実なプレーをするチームで、日頃からみんなでそういったプレーを追求した証だろう。だから彼も、上手い下手ということではなく、丁寧にプレーしようとする姿勢が感じられる。

さすがに中学時代に日本代表の選手だっただけに、プレーや動きが垢抜けている。打撃もレベルの高いところで揉まれてきたように、高校生レベル相手ならば、それなりに対応できるだけのものを持っている。むしろ野球が上手い子ではあるが、身体能力・素材という意味で凄みを感じないところをどう評価するのか?もう少し、いろいろなプレーを見たかった選手で、この試合だけでは評価づけするのは難しい。プロに混ぜてしまうと、イマイチ売りが見えて来ないのだが、果たしてドラフトで指名されるのだろうか?

(2014年夏 大阪府予選)

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ